連日話題になっている日本ボクシング連盟の山根明会長が、テレビの生放送に出演しました。

告発を受けて多くの疑惑がありますが、これについて山根会長自身の口から語られたのは大きいと思います。

告発の内容とそれに対する釈明を整理しました。

スポンサーリンク

山根明会長のテレビ放送出演理由は脅迫?

テレビ出演した山根会長

告発を受けて病院に逃げ込んだと言われかねないような山根会長でしたが、8月3日(金)に生放送された『スッキリ』に出演しました。

今回、テレビの生出演を受けた理由が凄かったですね。

本当はある関係者から『取材を受けてはダメ』と言われていたという事実。

それは8月1日に元・反社会組織の組長から知人を介して、3日位内に引退しないと過去をバラすと脅迫されていたというものでした。

これに対して立ち上がり今回の出演に至りました。

検定ブローグがスギスポーツ1社の独占販売なのは?

addidasのボクシンググローブ

告発文によると、

  • グローブ等の(スポーツ用品が)アディダス製でかつ日本ボクシング連盟の検定品以外の仕様を認めないとした。
  • さらにスギスポーツとなる団体1社のみの検定品を販売店に指定し、独占販売を許可していた。

となっていますがまずは、日本ボクシング連盟の試合で使用されるグローブなどのスポーツ用品がスギスポーツ(杉スポーツ?)という1社でしか購入できないという件です。

これに対して山根会長は

山根会長のアバター
山根明会長

日本ボクシング連盟のブログに(情報は)載せてあります。
やりたいところがあれば、いつでもスギスポーツと話してやってください。

 

 

 

とコメントしています。

しかし、日本ボクシング連盟のブログを見渡しても申し込み書類もそんな文言も見当たらない。

スギスポーツの所在地や連絡先も記載されていない。

『メールので問い合わせフォームから連絡してくてって事なのか?』

と思ってしまいました。

これでは選手はどうやって購入しているのか疑問です。買っているボクシングジムなら知っているのでしょうか?

実際にYahooの知恵袋で連絡先を質問している方も何人かいました。

ボクシングの試合用グローブの販売先スギスポーツ

しかし、アマチュアボクシングの選手は全国にいるのに、今どき『HPすらない会社はどうなの?』と思います。

いまは信頼性や透明性が疑われているので、このあたりは今後改善するべきところと考えられます。

ちなみに、この『スギスポーツ』は社長が前川氏ということですが、こちらの名前でもヒットしませんでした。

振込先口座が山根会長の親族になっている件は?

そして平成24年度はグローブなどの入代金の振込先が山根会長の親族(孫・ゆい氏)の口座になっていた件です。

当時、最高幹部が集まったときに吉森専務理事に山根会長が提案をしました。

山根会長のアバター
山根明会長

専務、それでは受け皿がないので日本連盟で会社を作って販売してはどうか?

 

 

 

吉森専務理事:それじゃダメです。連盟ではなく他人にさせるべきです。

 

山根会長のアバター
山根明会長

他人ていっても他にないじゃないか?

 

 

という話になり結論が出ないので

しばらくの間は山根会長が受け皿になって、体制が整い次第バトンタッチすればよいという話になったようです。また、

山根会長のアバター
山根明会長

(当時、全国から振込先に関する)問い合わせがあったので(早急に準備する必要があった。)通帳ができるまでに3日から1周間くらいかかると考え、使用していない孫・ゆい氏の口座を借りた(たまたま思いついた)。

 

 

 

というものでした。

しかし、これでは『資金の流れが山根会長に向かうのでは?』とも思ってしまいます。

これに対して、

山根会長のアバター
山根明会長

連盟の幹部と話をして決めた事なので、そのような考えはなかった。口座のお金には手を付けず、社長の前川氏(スギスポーツ)へ渡した。

 

 

 

というのが本日の生放送の内容でした。

また公式試合のたびに新しいグローブの購入を迫られるという告発もありましたが、強制ではないとしています。

『会長が事業をやってはいけないのか?』という発言もあったようですが、これはあくまでも例えばの話であり、先のように方針が決まった後であったとコメントしています。

スポンサーリンク

山根会長と村田諒太選手の不仲はいつから?生放送で激怒の内容が見たい!

助成金不正流用について

こちらはすでに日本ボクシング連盟のHPでも認めている件。

成松選手に交付された助成金を他の2選手と3等分にした話です。

これには当時3名の候補者がいたが、一人にいくよりは3名が補助金を受け取れるようにしたい。という思いがあったようです。

そして、

山根会長のアバター
山根明会長

(成松選手の)大人しい顔に騙された。仮面をかぶっている。
当時、本人が喜んで3等分したのに、私が支持したかのようになっている。
自分はやりたくなかったのに怖いからやった。と言っている。
そんな怖い話は一切していません。

 

 

 

 

としています。

また、助成金は強化選手に出るので『3等分してもいいだろ』という軽い気持ちでやったとコメントしています。

しかし、最終的に成松選手に戻したとはいえ、オリンピックを目標にしている人たちは皆、トレーニングや遠征にかかる多額の費用を自分で賄っています。

やっと自分の力が認められ、助成金をもらうことができたり、スポンサーになってくれる企業を必死で見つけています。

そうして努力した成果を軽い気持ちで『3等分してもいい』なんて考えるのは選手に対して失礼だと思います。

【日本ボクシング】山根会長の闇は深い?告発リストのまとめが見たい!

山根明会長にはまだ

  • コーチ謝金の不正流用
  • 不正審判(奈良判定を含む)
  • 過剰な接待(おもてなしリスト)
  • ロンドン五輪決勝でのセコンド

などテレビの放送中に答えていない案件もあります。

『日本ボクシング連盟に落ち度がないので、進退は考えていない。』

とコメントしていますが、まずはこちらの問題をハッキリと答えて頂きたいですね!