漫画【ピーチガール】が映画で実写化されます。

主演は山本美月さんとHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんのW主演。

王道少女漫画の元祖ともいえる【ピーチガール】を紹介します。

スポンサーリンク

漫画【ピーチガール】のあらすじと役柄

ピーチガールは少し前の漫画で別冊フレンドに連載されていたのは1997年10月号から2004年1月号です。

終了したのが12年前なので若い人には馴染みがないかもしれません。

少女漫画の王道作品で、主な登場人物も鉄板の2姫2太郎でざっくり言うとヒロイン、ライバル、元カレ、新カレってところです。

足立もも(山本美月)・・・もも(主人公)。見た目とは裏腹の純粋な女子高生。昔、水泳部だったせいか肌は色黒で髪は塩素で傷んだせいか茶髪、そのためギャルっぽく見える。

山本美月

岡安浬(伊野尾慧)・・・カイリ。長身・イケメン・ナイスバディなハイスペック男子。女性には優しい。優秀な兄貴にコンプレックスをもつ。カインとアベルみたい。

伊野尾慧

柏木沙絵(永野芽郁)・・・さえ。小悪魔で皆を引っ掻き回す。色白・華奢な小柄な女子高生。男子ウケする容姿とぶりっ子な言葉を使い友達の彼氏を奪うので女友達は0人。

さえ

東寺ヶ森 一矢(真剣佑)・・・とーじももの中学からの同級生。硬派な野球部で密かにももに思いを寄せる。やっと告白して付き合うが沙絵に脅され別れる。

とーじ

恋愛関係の流れは、最初は『もも』と『どーじ』が付き合っているが、『さえ』の脅迫により破局してしまう。その後、『もも』は『カイリ』と付き合うようになるが一度別れ、また復活する。

スポンサーリンク

映画の『もも』役の山本美月と『カイリ』役の伊野尾慧はどんな関係

足立もも(山本美月)はとーじ(真剣佑)と交際していたが、カイリ(伊野尾慧)の勘違いでキスをされてしまい学校中の噂になってします。

さらに、柏木沙絵(永野芽郁)に罠にはめられ三人の関係は泥沼化。

ももに対して、控えめなアプローチをする『とーじ』グイグイくる『カイリ』。二人の間に挟まれ複雑な心境のもも。

『5分に1度、恋の事件が巻き起こる!?』というキャチフレーズから展開の早い映画になりそうです。

漫画と同じ内容を実写化とは思いませんので、映画ならではのオリジナルな展開に期待がもてそうです。

ピーチガール

出だしから、勘違いのキスが起こって激しい展開を繰り広げる映画『ピーチガール』。

ファンにとっては目を覆いたくなるシーンや悲鳴を上げる場面もたくさんあるのではないでしょうか。

しかし、それだけに怖いもの見たさで映画館に向かってしまうファンは多いでしょう。

話題の映画『ピーチガール』は2017年5月20日に公開です。楽しみしましょう!