先日、ロリポップからXサーバーへ引越しを行いました。ロリポップからデータを取り出すのは素人の自分にとってかなり大変な作業でした。

そんな事もあり、忘れないようにデータのダウンロードの手順を残して置きたいと思います。

独自ドメインを取得してブログを始めた当初、ロリポップを選んだのは安いからです。

その事がこんな時に影響するとは思いませんでした。

スポンサーリンク

ロリポップ!FTPにログインし直接ダウンロードは不可

まず知らなかったのがこの事実。データベースはエクスポート出来ますが、WordPressデータの方はロリポップ!FTPへログインしてWordPressのフォルダを選択してもダウンロードの項目がありません。

ロリポップからXサーバーへ

ファイル単体では出来ますが何千というファイルを1つひとつダウンロードするのは不可能です。

ロリポップからXサーバーへ

そこで、FFTPなどのソフトを使ってデータをダウンロードする必要があります。

FFFTPを使ってサーバーからダウンロードする方法

整理事項なのですが、サーバーの移管でやるべき事は大きく4つだけです。

1.旧サーバーからデータベースの情報をエクスポート。

2.WordPressサイトのデータをダウンロード。

3.新サーバーへデータベースをインポート。

4.サイトデータをアップロード。

 

躓いて悩まされたのは2のWordPressサイトのデータが上手く取り出せないことでした。

『FFFTPなどのソフトを利用してデータ取り出す。』

この作業をただ単に実行しても上手く行きません。

FFFTPを設定した後、起動させロリポップのサーバーに繋いでWordPressのデータがあるフォルダまで進み、フォルダごと自宅のPCにダウンロードすると途中で警告のウィンドが開き

“データをダウンロード出来ませんでした。”

と出てきて、“中止”や“後でダウンロード”などの選択ボタンが出てきます。

サーバー移管

この状態になってしまうと、最後まで続けてもファイルをが全部揃っていない事になります。

その不完全な状態なフォルダをアップロードしても動きません。

解決するにはPCの設定を変える必要があります。

スポンサーリンク

一時的に変更する2つの項目

ロリポップのサーバーから完全な状態でWordPressのデータを持ってくるには2つの設定を変えなければいけませんでした。

1.ファイヤーウオールを無効化する。

2.セキュリーソフトを停止しておく。

この状態でFFFTPを使ってロリポップのサーバーに接続するとデータを持ってくる事が出来ます。

ダウンロード中に出ていたダイアログボックスが出ることなく作業が終了します。

 

ファイヤーウオールを無効にする(Windows10)

画面左下のWindowsマークを右クリックし中段やや下の“コントロールパネル”を開く。

右上の“表示方法”をカテゴリーにし、“システムとセキュリー”をクリックする。

“Windowsファイヤーウオール”の項目の“ファイヤーウオールの状態の確認”をクリックする。

“Windowsファイヤーウオールの有効化または無効化”の項目を開き、無効化するにチェックを入れます。

ファイヤーウオールの無効化1

セキュリーソフト(ウイルスバスタークラウド)を無効化する手順

画面左下より“すべてのアプリ”-“ウイルスバスタークラウド”-“トレンドマイクロサポートツール”と進み

画面上方の(c)アンインストール-5.すべてのモジュールを停止をクリックする。

ロリポップからXサーバーへ

この2つの設定を変更した後に、すべてのデータをFFFTPでダウンロードする事が出来ました。

ちなみに、作り始めたばかりで投稿数が20記事くらいでも、ダウンロードに50分程度はかかりました。

作り込んだ物ならもっと時間がかかるので念頭に置いておくと良いと思います。