トヨタの人気車種86レンタルしてスポーツカーの試乗走行をしてきました。

最近ではスポーツカーのレンタルも珍しくないのが嬉しいです。

丸一日かりて約300kmほど走った感想費用を紹介します!

スポンサーリンク

トヨタの86(ハチロク)とは?人気の理由は?

トヨタハチロクと聞いても20代の人はピンと来ないかもしれないので、少しだけ説明を。。。

ハチロクはドリキンこと土屋圭市さんが乗り有名になったときの愛車です。開幕6連勝して話題になりました。

その後も雑誌等の企画でハチロクの特集がされたりしてましたが、1995年から漫画の『頭文字D』で主人公が乗っていた事で一気に火が付き大人気の車種になりました。

白黒カラーのAE86スプリンター・トレノという車です。

>頭文字D(6) [ しげの秀一 ]

プロのレーシングドライバーも愛読しており、土屋圭市さんなどが監修してエンジン音やスキール音(タイヤの滑る音)の収録に協力しています。

『頭文字D』は自動車漫画のキャプテン翼のような存在でした。

ハチロクは30年くらい前の車なのに今だに走っている姿を見かけたり、横浜市あざみ野にある『横浜トヨペットあざみ野店』に新旧のハチロクが並んでいるあたりが、今だに根強いファンがいる証拠ですね。

横浜トヨペットのハチロク

排ガス規制やら時代の流れでFRの車は段々と減っていき、『もうライトスポーツのFR車は出ないのかな~』と思っていたら2013年にトヨタが後継機種としてFT86を発売!

昨年にはマイナーチェンジもされ『86 KOUKI』も登場!

待ち焦がれていたハチロクファンには嬉しかったです。

しかも、レンタカーとして貸出をしているという粋な計らい!

これは是非、試乗するしかないでしょう!

トヨタ86 前期型と後期型の見分け方と感想!

今回、試乗した86はモデルチェンジ前の前期型でAT&禁煙車両でした。レンタカーに6速MTはないのかな!?

86の前期型と後期型の見分け方ですが、ウインカーの位置やライトの配列が違います。

前期型はウインカーがフロントのバンパー下部、フォグランプの位置にあります。

86前期型の見分け方

しかし、後期型はヘッドライトの中に内蔵されるようになりました。

それによりヘッドライトのLEDの並びが変わりました。

86後期型の見分け方

ボディのサイド部分もデザインが変わっています。

エラのような加工がありますが、前期型はエラが1つに対して、後期型は2つあります。

またそれに伴い『86』のエンブレムの位置も変更になっています。

86前期型と後期型の見分け方

またメーターパネルでも一目で分かります。

以前はガソリンや水温計、バッテリーが針で示されていました。

スピードメーターが260kmスケールでタコが中央にあって、これでも十分カッコいいです。

86前期型のメーターパネル

86の後期型になるとデジタル表示になり油温計と電圧が追加されました。

表示を変更するとGメーターや燃費を表示出来るのでサーキットを走る人にはいいですね!

エンジン出力の表示にしたり、燃費の計算にも変更する事が出来ます。

86後期型のメーターパネル

運転席のから見えるメーター類はドライバーに取ってテンションが上がる特別な場所です。

例え高速や峠道でもサーキットの雰囲気を味わえるのが後期型のメーターのいいところだと思います。

スポンサーリンク

トヨタ86 前期型のグレードの見分け方と装備や収納の感想!

グレードはGTかGT Limitedのようでした。何故かと言うとタイヤが17インチを履いていて、ハンドル後方にパドルシフトが付いていました。

一番下のGグレードにはパドルシフトはありません。

86前期型のパドルシフト

よってGTがGT Limited のグレードになりますがこのクラスだとLSDも入っています(そんな走り方はしませんが)。

やはり人気でよくレンタルされているようでメーターは67,000kmほど走っていました。

86は4人乗りの登録ですが、とても乗れず2人がいいところで運転席のすぐ後ろに後部座席がきます。

あくまでも上着や荷物を置くスペースと考えてください。

今回、まさかの3人乗車でとなったので助手席の人がかなり前へシートをずらし後ろへ座りましたが、後ろの人の靴が動かせないほど余裕がありません。

しかも、頭の上はリアガラスなので日差しが照りつけ温室状態なので帽子を被るハメになりました。

ハチロクのリアシート
※運転席とリアシートがくっつきそう

気になる収納ですが、ペットボトルのフォルダは2つありました。

さらにリアシートをフラットにするとトランクルームと含めタイヤが4本は積めるほどスペースがあります。

これならトランクを狭くしてリアシートにゆとりが欲しかったな~と思うくらいです。

途中で野菜を買い込みましたが、余裕で積むことが出来ました。

86前期型のトランク

またグレードがGT以上になるとエアコンが嬉しい事になります。

奥さんや彼女さんだとエアコンの設定温度が違ったりしますね。

だいたい男性のほうが暑がりだったりします。運転もしていますし。

そんなときに活躍するのがデュアル・エアコンです。

86のエアコン

 

運転席と助手席で温度を別々に設定する事が出来てしまいます。

今まで、汗をタラタラ流しながら走行していた夏もこれで快適にドライブ出来ます。

トヨタ86(前期型)をインプレ試乗した体験談!

まずは最寄りのICまで慣らし運転ですが、とりあえず、そこらじゅうのスイッチに触りまくります。

最近の車はBluetooth接続できるので、スマホやiPodがあれば音楽に困らず非常に便利!

そして、パドルシフトだけでなくフロアシフトでもギヤを変えて練習します!AT車とはいえ6速あります。

自分が86を買ったら信号や渋滞が多い街中はオートマで走って、峠と高速だけMTモードで走りますね~

エンジン音ですが、街乗りをしている分には回転数も低くうるさくありません。

足はちゃんと固められているので、路面のギャップがあるとショックが伝わってきて、いかにもスポーツカーという雰囲気が出ます。

ハチロクの試乗インプレ

86はライトスポーツなマシンですが約200馬力で最大トルクも20kgあります。

これを一番楽しめたのは峠道の追い越しです。登坂車線を使って追い越しをするときに5000rpmくらいまで引っ張りましたが、加速が良いのでスイスイ抜けます。

この時ばかりはエンジン音がそれなりにしますが、何とも官能的な良い音で気にはなりません!

高速走行もかなり楽しめパドルシフトを多様してF1のドライバーの気分が味わえます!

いつもはバックミラー見て、早い車が来ると譲っていましたが、今日は譲ってくれる車のほうが多かったです。

スポーツカーと言えば燃費の問題がありますが、この日は約270kmで20Lだったので13.5km/Lと優秀な成績でした。

もちろんハイオク仕様ですよ~

HONDA【S660】インプレ試乗の感想!Jネットレンタカーで体験!が見たい方はこちら

86をレンタルした費用や手続きの方法

今回、86を借りたのはトヨタレンタリース

全国にショップがありますが、その県で所有している車を融通して貸出しています。

私が借りた静岡県では86は2台しかないそうです。なのでレンタルを希望する方はお早目に予約が必要になります。

実は今回レンタルするまでに何回か問い合わせましたが、10日から2週間くらい余裕があると予約が取りやすかったです。

86を12時間借りたレンタルの料金は

12,420(車体)+1,080(保険)=13,500円 でした。

支払いは現金だけでなくカード払いも出来ます。

 

予約はネットと電話で対応していますが、ネット予約は確定ではなく折り返し電話が来るので電話したほうが早いですね。

同乗者も運転するなら受付時に免許の提示が必要なのでお忘れなく!

86のレンタカーでの試乗はとても気軽にオーナー気分を味わえるのでおすすめです。是非、体験してみてはいかがでしょうか!