10月から新しく始まる日曜劇場ドラマ竹内涼真さんが出演されます。

そのドラマとは池井戸潤さんの小説【陸王】をドラマ化したものです。

池井戸潤さんと言えば2013年のドラマ『半沢直樹』で当時の歴代最高視聴率42.2%を叩き出して話題になりました。

今回のドラマも面白くなりそうな予感は十分にありますが、そこへブレイク中の竹内涼真さんが出演されると言うことで、【陸王】での役柄について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日曜劇場【陸王】の茂木裕人の役柄は?

小説【陸王】は創業100年余りの老舗足袋メーカー『こはぜ屋』が新規事業としてランニングシューズを開発してゆくストーリー。

そして、竹内涼真さんがドラマ【陸王】で演じるのは茂木裕人という実業団マラソンの選手です。

陸王 [ 池井戸潤 ]

父親が元・実業団のマラソンランナーだった事もあり、子供の頃から走ることをはじめました。

そして、小中学校では一番足が早くて運動会ではアンカーを務めたりしました。

高校生から長距離の選手になりマラソン大会の『高校生の部』で優勝したことで、『箱根』の常連校から推薦入学のオファーが舞い込むようになります。

そして、進学した東西大学1年のときに『山登り』で有名な5区で区間賞を獲りマスコミに注目されるようになりました。

その後、ダイワ食品の陸上部に入りましたが、茂木裕人はあるマラソン大会で怪我によりリタイヤしてしまいます。

そして、ゲガの原因が走り方にあると考え改良に取り組むことに。。。

トップクラスの実業団ともなるとメーカーがスポーツ用品の提供をしていますが、このダイワ食品もアメリカの大手メーカーと付き合いがありました。

しかし、そこの営業部長は茂木裕人の状態が芳しくないとみるや手のひらを返した態度になります。

ただでさえ走り方の悩みがある上、メーカー側の態度に茂木裕人は憤りを覚えますが、この走法を変えるのに『こはぜ屋』が新開発したシューズが関わってきます。

そして、このシューズの名前がドラマタイトルの【陸王】です。

『こはぜ屋』が新開発したランニングシューズ【陸王】らしきものが公開されていました。

とざっくりと茂木裕人の役柄や背景はこんな人物です。

茂木裕人や老舗足袋メーカー『こはぜ屋』がどんな風に逆転していくのか楽しみな話ですね!

スポンサーリンク

竹内涼真のプロフィールは?

ドラマ【陸王】での竹内涼真さんの役柄に続いてはご本人について紹介したいと思います。

竹内涼真さんの出身は東京都で年齢は今年で24歳。

三人兄弟と一番上で妹と弟がいます。

陸王】関連で気になる運動神経の方ですが、5歳からサッカーを始め、高校生のときには東京ヴェルディのユースに所属していたほどです。

しかし、自分で『サッカーではプロになれない』と思い断念したという話。ちなみにポジションはDFです。

身長が185cmもあるので、相手のFWにも当たり負けせず、セットプレーでは得点できそうな体格でスポーツ選手としては恵まれていますね。

きっとたくさんトレーニングして走り慣れていそうですから、マラソン選手の役は期待できます。

竹内涼真さんは愛犬がおり、犬種はミニチュアシュナウザーで名前は『フレア』。

こちらのツイッター画像がそうなのかな!?

仕事で疲れて帰っても、可愛くて顔がほころんでしまいますね!

ドラマの内容といい竹内涼真さんといい、見どころ満載な日曜劇場の【陸王】。

ぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか!