高橋一生さんが2017年の大河ドラマ【おんな城主 直虎】に小野政次として登場します。

そこで、高橋一生さんが演じる小野政次の役柄やあらすじとともに、撮影での感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【おんな城主 直虎】の小野政次の役柄やみどころ画像も(ネタバレ注意!)

高橋一生さんが演じる小野政次井伊家の家臣で、小野政次の幼少名は鶴丸といい、おとわ(柴咲コウ)、亀之丞(三浦春馬)の3人は幼馴染。

しかし、仲の良い子供達とは対象的に、主の井伊直満(宇梶剛士)と小野政直(吹越満)の父親同士は上下関係にありながらも不仲です。

そんなある日、小野政次の父・政直の讒言(ざんげん)により井伊直満は今川義元に謀反の疑いをかけられ自害させられてしまいます。

これにより亀之丞は命の危険を感じて逃亡し行方不明になり死亡したと思われました。

当然、鶴丸と亀之丞も不仲になると思いきや。。。

小野政直が亡くなった後に帰還した亀之丞はそんな素振りを見せずに笑顔で「おおきゅうなったのう、鶴」と声をかけます。

井伊直親と小野政次

お父さんが疑いをかけられた原因に気づいてないのか!?と思わせるようなシーンです。

戦国時代ですから、家臣の裏切りや密告はあたりまえですが、1日で状況が変わるのも戦国時代ですからこのあたりの行方がみどころですね。

讒言(ざんげん)とは・・・《名・ス自》

他人をおとしいれるため、ありもしない事を目上の人に告げ、その人を悪く言うこと。

引用元:google検索

高橋一生の密告で三浦春馬が倒れる?

鶴丸(高橋一生)の父により主を失った井伊家でしたが、亀之丞改め井伊直親(三浦春馬)までも密告で今川義元に疑いをかけられます。

しかも今度の密告は幼馴染の小野政次(高橋一生)によるものです。

井伊直親は疑いを晴らすため今川家へ急ぎますが、途中で今川氏重の家臣である朝比奈泰朝によって討たれてしまいます。

小野政次(高橋一生)

どうして直属の上司である井伊家を陥れるような事をするのか、その経緯をドラマでしっかりとチェックしたいと思います。

特に小野政直が亡くなる前に政次に言った「お前は必ず、わしと同じ道を辿るぞ。」というセリフが気になります。

柴咲コウ【おんな城主直虎】井伊直虎とはあらすじやキャスト相関図などが見たい方はこちら

三浦春馬【おんな城主 直虎】で井伊直親(亀之丞)。みどころや役柄とかっこいい画像が見たい方はこちら

春風亭昇太【おんな城主 直虎】の今川義元がこわい!笑点司会とは別人の画像が見たい方はこちら

新井美羽大河ドラマ【おんな城主 直虎】でおとわのかわいい子役!CM動画が見たい方はこちら

藤本哉汰【おんな城主 直虎】で亀之丞の子役がかわいい!あらすじや役柄と画像が見たい方はこちら

高橋一生【カルテット】でヴィオラの家森諭高!弟・安部勇磨の画像も!が見たい方はこちら

スポンサーリンク

高橋一生の大河ドラマの感想

2017年の大河ドラマ【おんな城主 直虎】で高橋一生さんが演じる小野政次は井伊家の運命を大きく変える人物とも言えます。

撮影にあたって高橋一生さんは、「日本の原風景での撮影はスイッチが入りやすい」、「本当に幸せの中で撮影が出来ていて、キャストの皆さんとも楽しく作れていると思っている」と話していて、「撮影がワクワクして嬉しいのでその雰囲気をそのまま受け取って欲しい」とコメントされています。

小野政次(高橋一生)

大河ドラマは1年間の放送なので、毎回どんな演技が見られるのか楽しみですね。【おんな城主 直虎】に期待しましょう!