高視聴率を誇っている【ドクターX】ですが、出演している鈴木浩介さんが演じる原守のシーンが過去に話題になりました。

その衝撃のシーンの視聴率はなんと26.6%と言われています。

一体どこでそんなあったのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

鈴木浩介が演じる【ドクターX】の外科医・原守とは

鈴木浩介さんが演じるドクターXの外科医・原守は大門未知子の手術に協力したことで関連病院へ左遷させられてしまいます。

普段は物腰が低く、上の人間に頭が上がらないせいもあって弱そうに見えるキャラです。

しかし、外科医としての腕の方は『高度国立医療センター』に勤務するだけあって減量手術が得意です。

鈴木浩介

前回の放送では美容関係の仕事をしている姉妹の妹のダイエット(減量)手術の担当になります。

やっと原守の見せ場が着たと思ったら、実はこの妹は脳内の下垂体腫瘍のためのホルモン異常が起きて肥満になっていたと判明!

このオペのために金沢から出てきて、オペを成功させ東京へ栄転するというストーリー崩れてしまいました。

スポンサーリンク

専門外のオペに切り替わったため仕方のない事ですが、ちょっと可愛そうな先生です。

もう東京に戻れる見込みのない事が判明し、泣く泣く戻って行きました。

米倉涼子【ドクターX】の大門未知子がかっこいい。借金の理由と美脚画像が見たい!かたはこちら

内田有紀【ドクターX】の城之内博美役。結婚相手や子供は?はこちら

岸部一徳【ドクターX】の神原晶役がマンガと実写が似てる。比較画像が見たい!かたはこちら

勝村政信【ドクターX】の加地秀樹はサッカーが上手い!板尾創路に似てる?画像検証が見たい方はこちら

田中道子初ドラマ【ドクターX】で美人秘書兼愛人役。演技は上手い?下手?画像もありを見たい方はこちら

原守が野々村議員の謝罪会見をものまねで視聴率26%を獲得!

この原守が最も輝いていた瞬間があります。

それは2014年に放送された『ドクターX』のシーズン3の第4話での出来事。

第4話では『声帯の再生』をテーマにした話ですが、このオペ担当が原守でした。

しかし難手術のため手も足も出ずに大門未知子と交代し手術は成功します。

手術を成功出来ないまま医局に戻った原守は、給湯室で同僚の医師に追い込まれて医局員の前で謝罪を行うのですがそのシーンが見せ場でした。

あの元兵庫県議会の野々村議員のような説明を始めました。

あの謝罪会見が2014年7月1日で、『ドクターX』の放送が10月からでしたから誰の記憶にも鮮明に残っていました。

自分のデスクに座り、手を耳に当てて聞いています。

鈴木浩介

そして、「・・・ですからー、皆さんの…ご指摘を……し、真摯に受け止めて…あああっー」

「皆さん分からないでしょうねー」

「医療を。。。変えたい。。。。。その一心で。。。ああああっー」

「一生懸命に。。。。うあああっー」

 

と衝撃の謝罪を始めました。

鈴木浩介

ドラマを見ていた誰もが、デジャヴか?と思ったのではないでしょうか?

数ヶ月前のタイムリーな情報を折り込んだこのシーンは視聴率26.6%という脅威の数字を叩き出しました。

見ていて『これ、放送して大丈夫なん?』と思ったくらいの迫真の演技でした。

鈴木浩介さんという俳優を視聴者の脳裏に焼き付けたと思います。

 

話題性たっぷりの『ドクターX』の鈴木浩介さんの演技に注目しながらドラマを楽しんではいかがでしょうか!