土曜日のNHKドラマ【スニッファー】で阿部寛さんと香川照之さんの夢の共演が実現しました。

主役を張るほどの大物二人がタッグを組むなんてそうそう見られません。

ところで身長も学歴も異なる大物ふたりの仲はいいのか調べてみました。

スポンサーリンク

ハーフのイケメン高身長!? vs 東大卒エリートで不仲?

阿部寛さんと香川照之さんは共に実力も人気も博す大物俳優!

大物俳優同士だと自分のポリシーが確立していてぶつかり不仲になることがありますが、今回のドラマは大丈夫なのでしょうか?

身長からしても189cmと171cmの18cm差でさらに阿部寛さんはイケメンですからね。

171cmなら標準的ですが、比較対象にされるので普通の男なら隣に並んで欲しくないってのが本音です。

そのあたりを調べてみました。

阿部寛と香川照之

イケメン高身長の阿部寛はハーフ?

まず、阿部寛さんというとハーフなのでは!?と囁かれていますが、本当の所はどうでしょう?

映画『テルマエ・ロマエ』でイタリア人役をやったときにイタリア人の俳優がハーフだと思っていたようです。

身長189cmもあって顔も彫りが深いし、筋肉も凄いですからね。ちなみに、モデル時代はすでにハーフに見えます。

阿部寛

 

しかし、阿部寛さんは純粋な日本人。

生まれは神奈川県横浜市で3兄弟の末っ子です。

中学生のときの写真は思いっきり日本人です!

阿部寛

最終学歴もいま話題のMARCHの一角、中央大学理工学部電気工学科です。

『下町ロケット』の出演にはピッタリの経歴なのではないでしょうか!?

香川照之は東大卒の超エリート俳優

続いて香川照之さんですが、かなりの秀才でした。

出身高校はあの暁星高等学校。

毎年何人も東大に輩出し、それ以外にも医学部合格者も多数の中高一貫教育で知られる超有名・名門私立校ですね。

出身者は政治家や官僚をはじめ医者や学者にミュージシャン、俳優など多岐にわたります。

香川照之さんは小学校から暁星に通い、そして日本の最高学府である東大卒となりました。

東京大学文学部社会心理学科の卒業。

東大赤門

香川照之さんは父親が二代目・市川猿翁さんで母親は元タカラジェンヌの浜木綿子さん。

親族には歌舞伎役者やタカラジェンヌなど凄い面々がいます。

良家の子女として英才教育を施されたんですね。

しかし、香川照之さんは東大卒というブランドを出すことは嫌っていたようです。

「あくまでも俳優は演技力で勝負!」といった気持ちだったのでしょう。

凡人の自分からすると『もったいない』と思う気がしますが、やっぱりマインドが違うんですね。

香川照之

阿部寛と香川照之がお互いの仲を語った

ドラマ制作にあたって阿部寛さんと香川照之さんが、お互いについての印象をインタビューした番組がありました。

それによると同学年のせいか凄く話題が合うようです。

二人共同じ時に大学生をしていたなら、同じようなところで遊んでいたんでしょう。

ロケの合間など一緒に弁当食べながら、昔を思い出して話に花が咲いてる感じがします。

阿部寛と香川照之

また、香川照之さんは自分が脇役としていかにいいパスを阿部寛さんに出すかを常に考えているようです。

香川照之さんがミッドフィルダーで阿部寛さんの大柄ストライカーにアイコンタクトで絶妙なアシストパスを出す!

まさにハイレベルな技術と信頼関係があってこそのなせる技です。

香川照之さん「超カッコイイー!!」俳優の香川もミッドフィルダーなんですね!

撮影現場での仲がいい姿が目に浮かぶようです。

これなら【スニッファー】の大成功は間違いないですね。

阿部寛と香川照之の初共演作【スニッファー】日本版のオリジナルはここ

今回の【スニッファー】は阿部寛さんと香川照之さんのダブル主演とい言っても過言ではない作品です。

こんな作品はそうそう見れるものではありません!

しかも、この二人の共演だけでも凄いのに【スニッファー】は元祖ウクライナ版が話題になり世界中でリメイクされ色んな国で放送されています。

それだけドラマの内容はお墨付きなんです!

もちろんただのパクリと言われてはNHKの威信に関わるので日本版としての特徴もあります。

スポンサーリンク

高橋メアリージュン【スニッファー】で女刑事・早見友梨役。演技画像あり。病気は?が見たい方はこちら

井川遥、新ドラマ『スニッファー』のキャストとあらすじCM画像!が見たい方はこちら

水谷果穂【スニッファー】で阿部寛の娘役。演技は?かわいい画像も!が見たい方はこちら

鼻栓は日本版のオリジナル

元祖ウクライナ版との違いとして日本版には鼻栓が登場します。

普通に考えたら『ちょっと画的にどうなの?』と思ってしまいますが、ここにこだわりがありました。

香川照之さん演じる刑事は拳銃の腕がピカイチですが、阿部寛さん演じる花岡信一郎は臭覚がピカイチです。

しかし、臭覚はすぐニオイに慣れてしまう繊細なもの。。。

いつでも出動出来るよう普段は余計なニオイを嗅がないように温存しています。

その拳銃にも匹敵する武器を連想させるように作られたのがこちらの鼻栓です。

スニッファー

この細部のディテールに拘った重厚なつくりは、まさに拳銃と弾丸を想像させます!

ドラマでは注射器のような器具を使って鼻栓を取り出すシーンがよくありますが、ここが花岡信一郎(阿部寛)が気合を入れて臭覚捜査をする瞬間です。

そして、ひと度現場の空気を吸い込めば事件現場が鮮明に浮かび上がります。

スニッファーこんなに分析出来てしまうなんて物凄い臭覚です。

ドラマでは人物のニオイから食べたものや触れた物が言い当てられ、誰もが驚きます。そして、その能力の高さを誰もが実感します。

自分の行動やプライベートな情報が見られていたかのように語られるのですから。。。

そんな阿部寛さんと香川照之さんの注目ドラマ【スニッファー】も折り返し地点です、残り4話ぜひご覧ください。