初詣で神社を訪れる時期ですが、最近は変わった『おみくじ』多いですね。

静岡市葵区にある浅間神社でもちょっと変わった『おみくじ』が売っています。

シンプルな『おみくじ』も良いですが、記念に残るのはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

静岡浅間神社の組紐ストラップ付おみくじがかわいい!種類は7つで料金は1回200円

静岡市浅間神社にあるのは『おみくじ』に、組紐のストラップが付いたおみくじがあります。

しかも、かわいい縁起根付(えんぎねつけ)が付いた、この『開運みくじ』

昨年大ヒットした映画『君の名は。』で主人公たちが付けていたことで一躍有名になった組紐ですが、この神社では可愛いマスコット付のストラップとして販売しています。

ただ『おみくじ』引いて、大吉や中吉などを占うだけでなくいのが楽しいですね~。

その種類は『招き猫』、『お多福』、『だるま』、『目出鯛』、『福かえる』、『宝船』、『ふくろう』の7種類があります。

どれも縁起物なので基本的にハズレが無いのがいいですね!

今年の初詣で引いてみた結果は『福かえる』が出ました!何か福が返って来そうな予感がします。

紙に書かれたおみくじも同封されているので、普通のおみくじの楽しみもちゃんとあります。

透明な袋にしっかりと粘着のりが付いているので、外から見て中に何が入っているかは分かりません。

静岡浅間神社のおみくじ

緑色のストラップの部分に組紐が使われています。

ちなみに、以前引いたときは『ふくろう』が出て組紐の色は青でした。

また、『招き猫』の組紐は黄色だったと薄っすら記憶しています。

どんな色が当たるか楽しみですね!

七福神の意味と変わったおみくじの紹介

この他にも『大金像みくじ』もあり中には金メッキの七福神が入っているものもあります。

おみくじのところに神様の名前と意味も書いてあるのですぐに確認出来ますが、一通り調べてみました。

『恵比寿天』・・・七福神の中で唯一、日本の神様。左手に鯛を抱え、右手に釣り竿を持った親しみのある神様。漁業の神様で特に『商売繁盛』の神様として信仰されています。

『毘沙門天』・・・武将の姿をして右手に宝棒、左手に宝塔を持ち、邪気を踏みつけている。『融通招福』の神様として知られています。

『弁財天』・・・唯一の女の神様(女神)。『知恵財宝』や『愛嬌縁結び』の徳があるとされています。

『福禄寿』・・・長い頭、長い顎髭、大きな耳たぶを持ち、年齢は千歳。長寿、幸福の徳をもち鶴と亀を連れて左手に宝珠、右手に巻物を巻きつけた杖を持っています。『招徳人望』の神様。

『寿老人』・・・優しく微笑んで、手には巻物を付けた杖や桃やうちわを持っている事が多い。鹿を連れている事もある。うちわは難を払って、桃や鹿は長寿を表します。『長寿延命』や『富貴長寿』の神様です。

『布袋尊』・・・大きな袋の中には宝ものがいっぱい入っていて、信仰の厚い人に配るという。『笑門来福』や『夫婦円満』、『子宝の神様』として信仰されています。

『大黒天』・・・大きな袋を背負い、打ち出の小槌を持ち頭巾をかぶった神様。『財宝』と『福徳開運』の神様です。

のどれが出るかはお楽しみ。

七福神

こちらはストラップなどは付いていないので、お財布やバックに忍ばせて無くさないように注意です。

他には、綺麗なガラス玉がストラップになっている『とんぼみくじ』『富士山みくじ』『恋みくじ』など一風変わったものが色々とあり、何種類あるこか数えるのが大変なくらいでした。

ぜひ、自分好みのおみくじを探して引いてみてはいかがでしょうか!

静岡浅間神社のおみくじ

また、最近人気の御朱印や御朱印帳もあります。

結局、お賽銭やお札、おみくじなど色々と楽しんでいる時間の方が多かったです。境内に屋台もたくさん並んでいるので、時間を取っていくと良いと思います。

スポンサーリンク

静岡浅間神社のアクセス方法や地図

初詣に参拝した静岡市葵区の浅間神社には駐車場があります

こちらは駐車場は普段はガラガラですが、正月は駐車待ちの車が並んでいるほど混んでいるので、車で移動するかたは時間にゆとりを持っていらしたほうが無難です。

遠方ならば自動車は仕方ないですが、近場に住んでいる人は徒歩か自転車が多いです。

ちなみに、最寄りの静岡駅からは徒歩25分で距離は2.2kmあります。

浅間神社へのアクセス

なお静岡浅間神社のHPのリンクを貼っておきます。

静岡の浅間神社での初詣を是非楽しんで来てください!