朝ドラの【ひよっこ】や日曜劇場の『小さな巨人』で出演している竜星涼(りゅうせい・りょう)さん。

変わった名前ですがその本名がどうやら東京都の陸上の記録に出ているらしいので調べてみました。

ドラマの役柄と一緒に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

竜星涼の本名は三上流星?プロフィールから検証!

竜星涼さんは公式のHPによると東京都出身生年月日は1993年3月24日です。

そして特技は『走り高跳び』とあります。

これに以前、竜星涼さんがインタビューでコメントしていた『中学のときに出た東京都の陸上の大会であと5cm飛べたら優勝か準優勝だった』という情報を合わせて調べてみました。

年齢から考えると中学生のときに出場できる大会としては2005年から2007年(平成17・18・19年)が当てはまります。

その当時の東京都で走り高跳びの大会記録を調べてみると。。。

ありました!

竜星涼

名前は『三上竜星』とあり、走り高跳びであと5cm跳んでいれば優勝の位置でした。

それにしても『走り高跳び』で175cmは凄いですね!

人を飛び越えられるくらい高く飛べるんですから!

竜星涼さんは趣味がサッカーやバスケットなので基本的に運動神経いいって感じです。

スポンサーリンク

朝ドラ【ひよっこ】で警察官の綿引正義!画像も

竜星涼さんが【ひよっこ】で演じるのは赤坂警察署の管内にある交番の警官である綿引正義です。

疾走したみね子の父親を探しに来たときに母親に優しくしてくれた、あのおまわりさんです。

ひよっこの竜星涼

なんで親切にしてくれたのかというと、綿引も同じ茨城出身だったからですね。

なので親近感を感じてちょっとでも役立ちたいという思いからでした。

かなり真面目なので、みね子が上京したときにわざわざ向島電機の乙女寮まで挨拶にやって、お母さんとの経緯を話していましたね。

爽やかなイケメン警官の登場に女子社員たちが盛り上がっていましたが、今後みね子の東京生活に影響を与えそうです!

ひよっこの竜星涼

日曜劇場『小さな巨人』でも刑事の中村俊哉!

竜星涼さんは今クールでは『小さな巨人』にも出演しています。

こちらも警官で将来は捜査一課の刑事を目指している所轄の若手刑事

その事をネタに副署長から圧力を受けて悩む姿が前回の放送でありました。

人事をちらつかせて駆け引きをされチームの仲間を裏切った形になって悔やむ姿が良かったです。

『お前は悪くないよ!』というシーンが最高でした。

小さな巨人の竜星涼

あんな職場だったら仕事に対するやり甲斐がありますね!

副署長も懲らしめることが出来てスッキリしました。

何気に月曜から土曜までは【ひよっこ】、朝ドラが放送されない日曜は『小さな巨人』という毎日テレビで見る事が出来るかもしれないという面白い出演状態なので、竜星涼さんを見逃さないようにしましょう!