世界中で話題になっているピコ太郎さんの楽曲『PPAP』。

動画再生回数は4億回超えの大ヒットとなりました。

10月28日にギネス認定され、ニュースサイトで見出しが踊っています。

あれ?世界最短曲って1秒じゃなかった!?

スポンサーリンク

世界一短い曲は他に存在する!

話題になっているピコ太郎さんの『PPAP』ですが、実は世界一短い曲としてギネス認定されているのは別の曲です

それは、イギリスのロックバンド『ナパーム・デス』というグループの『You Suffer(ユー サファー)』です。

この曲の長さは正確には1.316秒!

PPAPよりも明らかに短い!

『1.316秒って曲として成り立つのか?』と思ったかた多いのではないでしょうか?

しかし、このユーサファーには歌詞もちゃんとあります。

ナパーム・デス

 

これは昔、テレビ番組のトリビアの泉で紹介しており、ちゃんとギネス認定もされています。

ピコ太郎【PPAP】は世界最短曲ではない!?ギネスが間違えた?

では今回のピコ太郎さんの『PPAP』がギネス認定されたのは間違いだったのか?

しかし、世界的なギネスがそんな単純なミスをするとは思えませんし、ドッキリに協力なんてしないでしょう

さらに発表したのはあの日本外国特派員協会でやっています。

絶対にミスではありません。

では一体、どういうことなのか・・・

スポンサーリンク

ギネスの公式ページでは次の様に発表されていました。

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)がチャートインした世界一短い曲としてギネス世界記録認定へ!

つまりビルボードホット100にチャートインした歴代の曲で最も短い曲と言う事です。

は~スッキリした!

以前見た『トリビアの泉』引っかかっていましたが、やっと胸のつかえが取れた感じです

ビルボード

シンプルに短い曲ではなく、その上でビルボード・チャートに入らなければいけない。

これはかなり条件が厳しいです。

過去に日本人でビルボード・チャート100位に入ったのは

・坂本九

・松田聖子

・YMO

・オノ・ヨーコ

・ピンク・レディー

などそうそうたるメンバーです。

過去に日本で売れて海外デビューしたミュージシャンは多くいますが、それでも名前がありません。

B’zや宇多田ヒカル、倖田來未も入っていないんですね。

そう考えると今回のチャート入がいかに凄いことかよくわかります。

 

会見では『PPAP』のロングバージョンも初生披露し、YouTubeに新作も投稿したりされていますので、まだまだ話題は尽きません。

PPAPロングバージョン

デスノートとピコ太郎の笑えるコラボ。PPAP、リュークが死神ダンスを披露がみたいかたはコチラや

これからも面白い作品を見られる事を期待してエールを送りましょう!