人気のナイキから紐が自動で締まるスニーカーが発売されました。

靴の名前はHyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0!

気になる色やサイズと値段を紹介します。

スポンサーリンク

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のスニーカーが実現!

自動で靴紐の締まるスニーカーナイキから発売されました。

そう!このスニーカーは1989年の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』の中で出てきた未来の靴です!

ついにパワー靴紐のスニーカーが作れる時代になりました。

靴紐が自動で締まるスニーカー

劇中でもメーカーはナイキでした。映画に採用されたメーカーとして世界初でのリリースは念願だったのではないでしょうか!?

このスニーカーは自動で靴紐が締まると正面の『NIKE』の文字が点灯しました(右足側が締まった状態)。

靴紐が自動で締まるスニーカー

これならケガや病気で指先が上手く使えない方や、小さな子供でも紐に悩まされずに履くことができますね!

実際に映画でこの未来の靴を履いたマイケル・J・フォックスさんパーキンソン病を患い運動機能などに影響が出ていますが、春先に行われたHyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0のオークションの収益金と、記念すべき1足目は彼のパーキンソン病の慈善団体に寄付されました。

では次は実際にナイキから発売されたスニーカーを見ていきます。

紐が自動で締まる靴の名前はHyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0【画像も】

この未来の靴であった靴紐が自動で締まるスニーカーの名前『HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0』です。

バージョンが1.0という事は、今後モデルチェンジしてどんどん新しいスニーカーが発売される意気込みを感じますね。

それではこちらが実際に公開された画像です。

ハイパーアダプト1.0

おぉ~、踵と靴底が光っている!

スニーカーを履くと内蔵されているセンサーが働いて自動で靴紐が締まり、微調整もボタンで調整可能。

LEDはバッテリーが内蔵されていて2週間くらいで充電が必要になります。充電キッドがありそれを使用します。

LEDはカッコよさだけでなく、バッテリーの残量を知らせる役目もあります。

歩行やランニング中も自動で締め付け具合を調整してくれる優れた機能もあります。

そして、動作の不具合や上手く動かないときには再起動する機能もあります。

ハイパーアダプト1.0

再起動すると赤・黄・紫・緑など色んな色を発色するようです。わかりやすい!

夜に履いてジョギングしたら目立ちそう!

実際に、靴紐が自動で締まる動画はこちら

ハイパーアダプト1.0

音もいいです!リアルに紐を締める感じがちゃんと伝わってきますね!

スニーカーだけあってちゃんと軽量化もされているようです!

スポンサーリンク

HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0の色やサイズ、重さや値段は?

気になるHyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0の色やサイズと値段を紹介します。

色は黒・白・グレーと3つのカラーから選ぶことが出来ます。

ハイパーアダプトの色

HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0のサイズ

サイズに関しては、男女兼用となっています。男性のサイズが基準になっているようでHyperAdapt Men’sと書いてありました。

例えばアメリカの婦人サイズの8の人(日本だと25.5cm)はHyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0のサイズは6.5を選ぶと良いようです(男女兼用なの)。

下の表を参考にして、実際には履いて確かめるのをオススメします。

ハイパーアダプトのサイズ

HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0の重さ

HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0自動で靴紐が締まるとなると、気になるのが重さです。モーターなどの機械があるので重いのではないでしょうか。

HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0の重量はサイズ9で14オンス、つまり27.0cmで約396gになります。

これは昔からの人気商品であるコンバースのオールスターのローカットが約400gなのでほぼ同じです。

コンバースのオールスターはちょっと重いかな~という感じですが、機械が入ってこの重さなのでかなり頑張ったと思います。

ちょうど『逃げるは恥だが役に立つ』でガッキーがオープニングで履いてる靴になります。

コンバースのオールスター

ガッキーと同じ靴が欲しい方はこちらからどうぞ!

【CONVERSE】CANVAS ALL STAR OX(コンバース キャンバス オールスター ロー)定番カラー全8色[ホワイト・レッド・ブラック・ネイビー・オプティカルホワイト・ブラックモノクローム・チャコール・マルーン]【送料無料】

価格:4,860円
(2016/12/4 14:50時点)

 

HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0の値段

そして最も気になる価格ですが、HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0は$720(約8万円)になっています。

この値段を高いと思うか安いと思うかは個人によるところです。ブランドやステータスと考えるなら買う人はいますね。

個人的には買いません^ ^

ちなみに、2016年12月4日現在では日本で発売はされていません。購入はアメリカのみで初回は予約注文のみの受付でした。

しかし、いずれは大量生産して多くの人に履いてもらえるように研究中とのことです。

ナイキによる自動で靴紐が締まるスニーカー、ぜひ近い未来に一般的なものになると嬉しいですね!