9月16日の金曜プレミアム、芸能界特技王決定戦TEPPEN 2016秋の陣【ピアノ新展開】に長野美郷さんが参戦。

青春時代を費やした、特技のピアノ対決で悲願の頂上を目指します。

スポンサーリンク

長野美郷がピアノが上手な理由【演奏動画も】

長野美郷さんはお母さんがピアノの先生だったのもあり、4歳からピアノのレッスンを受けていました。

その甲斐もあって10歳のとき地元愛知のピアノのコンクールで優勝した実績があります。

また、ピティナ・ピアノコンペティション中部日本本大会でも優秀賞に輝いています。

お母さんがピアノの先生ということは当然、生まれた時から自宅にピアノがあったのでしょうからいつから始めたというよりは、おもちゃに近かったのかもしれませんね。

そして、小学校ではマーチングバンドに所属しアルト・サックス、中学では吹奏楽部に入ってフルートをやったのです。

五線譜すらまともに読めないような人間には、ピアノ以外にも色んな楽器を演奏する事が出来て凄いと思います。

2016年1月に放送されたピアノの演奏

趣味や好きなもの

長野美郷さん趣味は和カフェを巡ることです。

長野美郷

見た目とは裏腹に、ピアノを初め音楽はかなり体力が必要で、吹奏楽部は『動かない運動部だ』と言ってた友人がいます。

サックスやフルートなどは、腹筋を使い続ける楽器ですからかなりの重労働です。肺活量も運動部以上の人もざらでした。

練習量も半端なく運動部が来るのと同じくらいの時間から練習を開始して、運動部帰る頃まだ吹奏楽の音が聞こえていた事も。。。

そんな生活をしていれば当然、練習後はお腹も空きますし、カフェでスイーツを食べたい気持ちも分かります。

マンゴーやチョコレートが好きなようですから、タルトやショコラ、パフェなどきっと大好きでしょう!

スポンサーリンク

ピアノだけでなく可愛さも(画像つき)

長野美郷さんの凄い所はピアノの腕前だけでなく、その容姿もかわいいところです。

上智大学在学中はミス・ソフィアに輝き、さらにMiss of Miss Campus Queen Contest 2006では準グランプリを受賞しました。

1大学のミス・キャンパスだけに収まらず日本のミス・キャンパスの中で準グランプリですから飛び抜けています。

そのかわいさは2014年4月から『めざましどようび』のメインキャスターとして登場したことで一気に知れ渡りました。

そして更に、2015年からは『めざましテレビ』の人気コーナーMORE SEVENに登場することになりました。

長野美郷

朝から、こんなにかわいい人に「気をつけて!いってらっしゃい!」

って言われたら

「今日も1日頑張って働こう!」と多くの人が思いますね。

 

ぜひ、今回の金曜プレミアム・芸能界特技王決定戦TEPPEN 2016秋の陣【ピアノ】、テレビの前で応援したいと思います。