静岡市清水区にある草薙神社へお参りしてきました。

この草薙神社、大きな通りから境内までが1km以上も離れているというちょっと変わった作りになっています。

そんな草薙神社の御朱印駐車場などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

草薙神社の御朱印は達筆!?画像も

草薙神社と言えばヤマトタケルノミコトが蝦夷征伐の際に草薙の地で火に囲まれ、持っていた剣で草をなぎ払い難を逃れたという事を聞いたことがあります。

その剣は草薙にちなんで草薙剣と呼ばれるようになったとか。

そんなちょっとカッコいいイメージの地にある草薙神社の御朱印(300円)がこちらです。

草薙神社の御朱印

 

字が上手でかっこいいい!!

草薙神社は大きな神社ではなく、参拝している人はまばらでした。

社務所も窓にカーテンが閉まっているので、休みかな?と思ってしまうほどですが営業していました。

草薙神社の社務所

御朱印が欲しかったので勇気を出して建物の中へ。。。

思い切り普段着の神主さんが御朱印を書いてくださいました。

大きな神社だと先に御朱印を出して置いて、20分くらい待ったりしますがすぐに書いて頂けました。

神社は小さいですが人気があるのか、私以外にも御朱印を頂いている方もいましたよ!

草薙神社へのアクセス方法や駐車場の台数

では草薙神社へのアクセス方法境内の様子を紹介したいと思います。

草薙神社の地図がこちらです。

最寄り駅はJR東海道本線の草薙駅です。車なら南幹線(県道407号線)にある石鳥居から入って行くと分かりやすいです。

草薙神社へのアクセス方法

草薙神社の石鳥居

この石鳥居をくぐって1.2kmほど走っていくと下の写真のような風景になり、駐車場があります。

神社の脇にある道にあるので通り過ぎないように注意してください。

駐車場6台ほど置ける広さがありました。

草薙神社の駐車場

狭い道ですが、交通量はあるので渡るときには注意してください。

スポンサーリンク

草薙神社の境内の様子【画像】

次は境内の様子です。

神社の敷地に入るとすぐにヤマトタケルノミコトの像がお出迎えをしてくれました。

草薙神社のヤマトタケルノミコトの像

そして、落ち着いた雰囲気の参道を登っていくと樹齢1,000年余りのご神木や手水舎があります。

段々と厳かな気持ちになりますねー

草薙神社のご神木

そして、こちらが本殿になります。

草薙神社の本殿

そして、本殿の脇には草薙神社の名物でもある龍勢花火も展示されていました。

まだ日本が戦をやっている時代の狼煙が龍勢花火のルーツのようです。

草薙神社の龍勢花火

草薙神社の龍勢花火

2017年の草薙神社の龍勢花火は9月23日(祝)に開催される予定ですので、興味のある方はリンクを貼っておきますね!

草薙神社の2017年の龍勢花火の日程

いかがでしたでしょうか!

 

この草薙神社一箇所の参拝では所要時間は30分程度なので、あっという間に終わってしまいます。

静岡での観光にいらした際に、スポットのひとつとして取り入れて頂くとちょうどよいですよ!