毎年増え続ける医療費に歯止めをかけるニュースがありました。

これにより高齢者でも現役世代並みに所得がある人の医療費が増える事になりました。

現役世代並みに稼いでるんだったら、やはりそれなりに払ってもらうのは良いことだと思います。

スポンサーリンク

【医療費】増加の節目1★現役世代並みの所得がある70歳以上が対象

まず医療費が増えるのは現役世代並みに所得がある70歳以上で具体的には年収370万円以上の人です。

しかし、これまでも70歳以上の方で一定以上の所得がある方は自己負担が3割の方もいました。

今回の話は自己負担の割合ではなく『高額療養費制度』の話です。

高額療養費制度とは月に支払った医療費に上限を設ける制度で、患者が窓口で支払うお金が青天井にならないようにするものです。

それが今までは世帯収入の合計が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合は44,400円(2割負担だと62,100円)でした。

だから月に10万円が医療費かかっても44,400円しか支払わなくて済み、残りの55,000円くらいは国が負担してくれます。

国といっても皆が収める保険料で賄ってるだけですが・・・

この上限が上がるって話ですね。

医療費

現役世代の意見としてはいい政策だと思います。年収370万円なんて現役世代の大黒柱でもザラにいます。

今は給料上がらないし、残業手当つかなくて皆ヒーヒーいいながらやってる訳です。

さらに結婚したり、子育て中だったり家を購入したりと出費が多いなか、医療費を負担してるわけですから。

子育てや住宅ローンが無いから現役世代よりは優雅に暮らせるでしょう。

年をとってるからとか、自分たちも払ってきたから嫌だ!なんて言っていたら国民皆保険制度は破綻します。

財政破綻

それに単に病気と言っても長年、飲酒や喫煙などの不摂生をしていて現在、肝臓や肺が病気になっているなら自分の責任もあります。

不慮の病気ならまだしも、外食ばかり続けて肥満や高血圧、高脂血症になってるならそれは当然の結果とも言えます。

スポンサーリンク

【医療費】増加の節目2★75歳以上の低所得者が対象

新しく75歳になる人は年収が低い人を対象に保険料を軽減する特例がありますが、それも廃止になります。

こちらは毎月払う『保険料』の話ですね。高額療養費と違い毎月支払うお金なので病院へ行かなくても負担が増えます。

「すでに75歳になってるから安心だー」と思っていても3年かけて段階的に廃止する方向で考えているようです。

逃げ得は出来ないようにする方向なので政府もかなり真剣に考えているようです。

医療費

月々の保険料の負担が上がってきつくなるのはわかりますが、これも仕方なしです。

あとはどれだけ病気にならないように節制するかです。

しかし、健康保険料は喫煙しない健康体のひとも、喫煙しない病気の人も、喫煙者の健康な人も、喫煙する病気の人も、肥満体も痩せていてもみんな同じ保険料なのが変だと思います。

自分でリスク管理している人には新しく保険料の軽減などを考えても良いと思います。

現に民間の医療保険などは保険料が違うわけですから!

そうすれば「病気になってから、病院へ行けばいいや~」という安易な発想はなくなって、保険料を下げるために健康な身体を作ろうと思うはずです。

健康保険組合も無理な残業や無駄な飲み会を見直して、健康な社員を増やせば毎月の保険料が削減できます。

破綻防止には高齢者の所得と資産額で負担を増やしては?

今回のニュースでは高齢者の所得に焦点をあてて余裕のある人の負担が増えていますが、保有資産も計算に入れるべきだと思います。

現在の所得が0や年金だけでも、現役のうちに稼いで保有資産がたくさんあれば生活には余裕があります。

このクラスの人ならば現役並みに負担しても痛くも痒くもないでしょう!

資産

国の借金が一人800万円を超えているくらい膨れ上がっている事を考えれば、そのくらいしても良いと思います。

そんな話をすると裕福な人はみんな外国へ行くと言われますが、「自分だけが良ければいいのか!」と言いたくなります。

「逃げたはいいが食べ物も文化も違って日本は良かったな~」ってきっと思います。

今まではシルバー民主主義とも言えるような政策をとってきましたが、どうかロスト・ジェネレーションを作らないような大胆な政策を考え、抜本的に解決する方法を考えてほしいです。