IIJmioの【格安SIM】を導入して1年過ぎました。

この1年使ってみたIIJmioの使い勝手の感想を書いてみました。

気になる導入費用や解約金、便利なテザリングやプランの変更方法を紹介。

スポンサーリンク

IIJmio【格安SIM】カードの導入費用や解約金に関して

IIJmioを導入するときにまず考えたのが、導入費用と解約金(違約金)です。

大手キャリアは他社に乗り換えるときに契約が満了してないと万単位の違約金を取られます(ひどい)。

始めて使う【格安SIM】がもし合わなくてすぐに解約する場合に解約金があると痛い!

カード

しかし、IIJmioは大手キャリアのように縛りがないので契約してすぐに解約しても解約金はかかりません。

導入の手数料としてSIMカードを発行してもらうのに3,000円の初期費用がかかるだけです。

初期費用3,000円 解約金0円

ならば気軽に試すことができますね!

これが決め手となって1年前から使い始めました。

IIJmioのプラン変更方法や制限

IIJmioの【格安SIM】カードには大きく分けて3つのSIMカードがあります。

1.電話+データ通信・・・音声機能とネットができるプラン(みおふぉんと呼ばれる)。

iijmio

2.データ通信専用(SMS可)・・・ネット専用だがSMS機能があるのでショートメッセージが使えてLINEなどの登録が簡単なもの(下図タイプDになる)。

3.データ通信専用(SMS不可)・・・完全なネット専用でSMSは使えないもの(タイプAになる)。

iijmio

私はガラケーが電話専用(かけ放題)でスマホでLINEなどをやるので2のタイプDプランのSIMカードを使っています。

普段は1,040円のミニマムスタートプランにしておき、スマホの通信料が多くなる月は前もってプランを変更。

そして、そのプラン変更の手数料は0円です。

スマホから瞬時に出来てしまうので月の終わりが近づくと来月のプランが妥当か判断して決めています。

一度申込みをするとキャンセル出来ないので月末近くで変更するのが良いですよ。

スポンサーリンク

ただSIMカードのサイズの変更(microSIM、nanoSIM、標準SIMの3種がある)は手数料2,000円がかかります。

一度もやったことがないので、ほとんど必要はないと思います。

読み込みを速くするブースト機能が便利

IIJmioには読み込み初期のスピードをあげるためにブースト機能があります(特に設定は不要)。

これでページの頭をサッと表示してくれるので閲覧のストレスが軽減されます。

便利なテザリングを使った感想

IIJmioのテザリングを利用したときの感想を一言で言えば

『超便利で使える』

というのが正直な感想です。

テザリングの設定をすれば、引っ越しのときまだ光回線がが開通してなくてもインターネットが使えてしまいます。

ちょっとノートパソコンでネットを使いたいと思ったら、スマホを中継器にしてノートパソコンが使うこともできます。

出張先や旅行先でネットの接続環境を心配しなくていいって凄い魅力!

実際に引っ越しをしたときに、テザリングで繋いだノートパソコンを使い、光回線の申し込みやら、郵便物の転送届などの手続きをやりました。

ただ、通信にはSIMカードのパケットを消費するので、動画などを見まくっているとあっという間にパケットが消費されます。