メジャーリーグのマーリンズで活躍するイチロー選手が、2017年7月26日の試合で72km超遅球を打った様子が話題です。

あまりに遅いボールに対してイチロー選手が繰り出した珍しい打法は『ハッピーフィート打法』というものでした。

このような打ち方があり、名前がついているなんて凄いですね!

イチロー選手が超遅球を打った動画を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イチロー選手が72kmの超遅球(ハエ止まり)を打った動画

こちらが話題となったイチロー選手が超遅球を打ったときの動画です。

まずはともあれご覧ください!

超遅球を打つイチロー選手

あまりにボールが来ないので、後ろにチョコチョコっと3歩くらい下がって打つ様子が分かります。

 

この日のテキサス・レンジャーズとの試合はダルビッシュ投手が先発をしたのですが、10失点と大炎上して試合はすでに決まった状態でした。

そこでピッチャーの消耗を避けるために起用されたのが、ブレット・ニコラス捕手

動画を見ると球を打った後のイチロー選手が笑っているように見えますが、イチロー選手への投球内容は1球目がストライクで、2球目の90kmのカーブをファウルして追い込まれた状況でした。

3球目はボールでカウントは1ボール、2ストライク!

メジャー殿堂入りをしている名手・イチロー選手が捕手の超遅球に抑えられる訳にはいかず、意地の打法で乗り切った様子ですね。

それにしても2球目の90kmより20km近くも遅い72kmのボールが来たときにはビックリしたと思われます。

しかも、ちゃんとストライクゾーンを通過してるボールでしたからバットを振らなければ三振でしたから。。。

 

青木宣親がメジャー初登板した理由は?リリーフの結果や球速は何キロでた?が見たいかたはこちら

【MLB】シカゴ・カブスのワールドシリーズ優勝を予言した映画が!道のりも解説!が見たいかたはこちら

【ヒックス】メジャーNo.1の球速?大谷翔平投手以上の速い外野手?が見たいのかたはこちら

 

先日の青木宣親選手のメジャー初登板といい、ここのところ話題の多いメジャーリーグに今後も期待してはいかがでしょうか!