HONDAのS660試乗したので感想をお伝えしたいと思います。

ちなみに、Jネットレンタカーで一日レンタルして体験してきました。

試乗車は無限ではなくαのAT車(CVT)モデルで色はプレミアムビーチブルー、パール色です。

スポンサーリンク

S660までのMRスポーツ軽の車種

久しぶりのMR(ミドシップエンジン・リアドライブ)の軽自動車として登場したS660!

ホンダ ビートの後継機種として2015年に発売されました。

ビートが90年代半ばくらいに生産終了しているので約20年ぶりくらいの感じがします。

MR仕様の軽と言えば、ホンダのビート以外にもマツダのAZ-1が有名ですがほぼ同じ時期に生産終了しましたね。

この長い年月の間は中古でした出回っていないので是非、試乗したい一台と思いJネットレンタカーで借りてみました。

s660とaz-1
黄:ビート 赤:AZ-1

S660の試乗はスポーツモードに変えるのがおすすめ!

S660の楽しみといったら軽エンジン+ターボですね。

最近は色んな軽自動車にターボが付いていますが、スポーツカーのターボエンジンには期待したくなります。

車に乗り込んだらエンジンをかけスポーツモードにします。

身長170cmと標準体型の私でも車内が狭く、車高が低いので乗り込むだけで一苦労します。

メーターパネルの左にある『SPORT』のスイッチ(黄丸)を押してください。

s660パネル

スポーツモードにするとパネルの枠やタコメーターの周りが赤くなり確認ができます。

さらに燃費計?がブーストメーターに変わり、タービンの回転具合が分かります。

スポーツモードに変えたら後はパドルシフトで変速するとマニュアルモード風になります。

パドルシフトを触らなければATで自動変速してくれます。

s660のパネル

CVTのMTモードは7速までありましたが、変速に忙しいです。

町中では基本パドルシフトを使わずにいて、ワインディングロードでパドルシフトを使うのが良いですね~

スポーツモードにするとアクセルを踏んだときのレスポンスが良くなりますので、よりS660を楽しめます。

またナビの画面にGメーターやブレーキ圧、アクセル開度のメーターを出しておくとよりスポーツ感を楽しめます。

ハンドル左のボタン(赤丸)を何回か押すと簡単に出てくるので、走り出す前に表示しておくのがおすすめです!

スポンサーリンク

S660の試乗のインプレ!エンジン音やターボの感想は?

一般道を試走してパドルシフトに慣れ、高速道路で乗ってみた感じですが、やっぱりアクセル踏んですぐに反応しますね。

軽とは思えないくらいちゃんと加速していきます。

s660

タイヤの接地感もあって浮いてしまう感じがないのは、重心が低いせいだからでしょう。

リアタイヤの方がフロントよりも太いのも効いていると思います。

背中の後ろにエンジンがあるので回転数が上がってくるとかなり車内がうるさくなります。

s660エンジン

隣にいるのに大声で話さないと聞き取れませんでした。

人との会話より、車との会話を楽しみましょう!

約70kmくらいの走行ではリアのスポイラーが上がってくるのですが、車内からは見えませんでした。

ハンドルの操作性は『アジャイル ハンドリング アシスト』という装置が付いているせいか、狙ったラインが走りやす感じです。

反応はいいですが、神経質な感じではありません。

スポーツカーS660をレンタルしドライブがデートにおすすめ?料金も!が見たい方はこちら

86のインプレ試乗の感想!トヨタレンタリース静岡でスポーツカーをレンタルが見たい方はこちら

S660の快適性や居住性は良い?

乗り心地ですが、足が固いので橋の継ぎ目や荒れた路面はショックが伝わります。

スポーツカーらしいと言えばらしいですが、車好きでない女の子とのデートカーとしては不向き!?かもしれません。

きっと『乗り心地がわる~い!』とか言われそうです。^ ^;

よっぽど車好きな女子か男友達が交互に運転するのは楽しいです!

(b^ω^)

また、収納スペースはほぼ無いと思ったほうが良いです。

ボンネットの下に僅かにアクセサリーBOXがありますが、オープンにしたときにルーフをしまうだけの大きさしかありません。

私の上着やお折りたたみ傘、缶コーヒーを入れてみました。

s660の収納スペース

バックは車内に持ち込みナビシートに置くか、助手席の人に持っててもらう事になります。

ちなみに、ボトルホルダーも1人分しかないので助手席の人は手で持ってるか車内に転がして置くことになります。

本当に運転は楽しむための車になっています。

S660に試乗した感想ですが、たまにレンタカーとして借りて乗るには楽しい車です。

しかし、奥さんに『200万円を出して買いたい』と言うには勇気がいるかもしれません。

この様な車は独身のうちに楽しんでおくのが無難かと思います!