比嘉愛未さんが【石川五右衛門】で茶々役として出演されます。

琉球王朝の末裔と言われる比嘉愛未さん。その話の出処を調べてみました。

また、かわいい着物姿の画像を探したときに、着物をひっぺがす気になるシーンも見つかりました。

スポンサーリンク

【石川五右衛門】の茶々姫とは?あらすじも

【石川五右衛門】は庶民を苦しめ贅沢な暮らしをしているワガママな太閤秀吉から、石川五右衛門が金品を奪って貧しい庶民に分け与えるストーリーです。

そして、比嘉愛未さん演じる茶々姫は秀吉の側室

遠い昔に学校で習った記憶だと、秀吉との間に秀頼を授かり、自分は秀頼の後見人として政治の実権を握った人物。淀殿とも呼ばれる

という位しか知りませんが、その程度の知識しかなくてもドラマは分かるからいいですね!

比嘉愛未

物語は茶々姫の「わらわは、何か寂しゅうございます。」との言葉に、10日で金箔貼りの五重塔を建てるという展開になりました。

これを聞いた石川五右衛門は金品を盗むべくターゲットを五重塔として、作戦を練り決行するという話です。

石川五右衛門

ちなみに、石川五右衛門は夜の泥棒をするときに名乗る芸名のようなもの。

昼間は「白波夜左衛門」という一座の頭で通っています。

石川五右衛門
出典元:http://s.webry.info/sp/77422158.at.webry.info/200906/article_27.html

ちなみに、石川五右衛門の最期は京都の三条河原で大釜で煎り殺された

と聞いていましたが、釜茹でにされたという話も聞きます。

上は釜煎りのイラストですが、石川五右衛門と思われる人物とその子供が暑さに飛び跳ねている様子が描かれています。

炎は描かれいますが、水が入っている様子はありません。

石川五右衛門
引用元:https://ja.wikipedia.org/

こちらはのイラストは釜茹でです。石川五右衛門が子供を抱え上げて釜に入り、湯が溢れる様子が分かるので実際はどちらだったの分からなくなってしまいました。

今回のドラマでは、煮え立った大釜へ続く階段を登る石川五右衛門の様子を固唾をのんで見守っていた。

とありますので、湯が入っていたようですね。

スポンサーリンク

比嘉愛未さんは琉球王朝の末裔?

比嘉愛未は沖縄県の出身ですが、なんと琉球王朝の末裔だという話です。

子供の頃から家に飾られている紋章について曾祖母に聞いたら

家は、琉球王朝の末裔なんだよ。

と衝撃の事実を説明されたそうです。

比嘉愛未
出典元:https://www.instagram.com/p/BIMTM_AhpCD/
比嘉愛未
比嘉愛未さんが琉球王朝の末裔をカミングアウトする瞬間の動画!

しかし、凄い事実が発覚しました。

そんな事を知ってしますと、さすが王朝の末裔だけあって美人でスタイルも良くて。。。って思ってしまいます。

世が世なら本当にお姫様だった訳ですね!

比嘉愛未
↑↑↑気になる方はクリックで番組HPへ飛びます↑↑↑

番組PVにはこんな画像も出てきます。

どんなシーンなのか気になりますね!

10月14日(金)の夜8時を楽しみしたいと思います。