静岡焼津でプールに行くほど気合を入れずに、手頃に子供に水遊びをさせたいなら小川港近くの【ふぃしゅーな】がおすすめです。

水遊びしながら、砂遊びも出来て駐車場も広い!隣の建物ではマグロまで食べることが出来ます。

そんな【ふぃしゅーな】についての画像を交えて紹介します。

スポンサーリンク

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)の淡水エリア

焼津市でちょっと水遊びをするのにおすすめな公園が【ふぃしゅーな】。

別名、焼津漁港親水公園という名前もついていますが漁港にある公園です。

ここには淡水と海水の2種類の遊び場があり、多くの家族連れが楽しむ姿を目にします。

淡水の遊び場は水深も膝下くらいと浅く、小さな子供たちに人気!

こちらが淡水エリアの様子です。

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)

すぐ隣には砂場があり、トンネルやお城を作って遊んでいる姿を良く見ます。

こちらでお子さんと遊んでも楽しいですね!

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)

【ふぃしゅーな】の海水エリア

海水のエリアはちょっと水深が深い感じです。

こちらの遊び場には海の生き物を見ることができ、私が行ったときにはカニが歩いていました。

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)

遊びに来る人はタモを持っている人が何人も見られたので、小魚など捕まえてる人もいたようです。

尚、岩場は滑りやすくなっているのでご注意ください!

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)

どんな海の生き物が見られるかを示す看板もあるので、ぜひ探してみてはいかがでしょうか!

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)
※クリックで拡大

毒のある生き物も紹介されていましたが、もし見つけたら気をつけてくださいね!

【ふぃしゅーな】近隣のおすすめなマグロのお店

いっぱい遊んだらお腹が減りますが、【ふぃしゅーな】の近くには焼津漁港で水揚げされたマグロを食べられるお店があります。

まず、最寄りの店は公園の向かい側にあるこちらの建物の中にあります。

ふぃしゅーな

1Fでは土産物が主に販売されています。

こちらは刺し身や冷凍などのエリア。買い物をして持ち帰れば夕飯のおかずはバッチリです。

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)

向かい側は加工品やお菓子なども販売しています。

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)

そして、2Fに食事処がありこちらでマグロなど海産物を楽しむ事が出来ます。

私はまぐろ茶屋の『特上海鮮丼』を食べた事がありますが、どれも美味しそうです。

 

ふぃしゅーな(焼津漁港親水公園)

小川港魚河岸食堂も(車で5分)

また、朝からやっている食堂として有名なのが【ふぃしゅーな】から車で5分の小川港魚河岸食堂。

同じ漁港の中にあるお店ですが、仕事を終えた『漁師さん達が朝食を食べるためのお店』といった感じです。

こちらはマグロやカツオの刺し身から定食、丼物、うどん、ラーメンなど色んなものがあります。

小川港魚河岸食堂

『お昼ごはんを気ままに食べたい』という方はこちらの食堂が良いかもしれません。

小川港魚河岸食堂へのリンクを貼っておきますので、メニューなどはこちらから確認ください。

スポンサーリンク

【ふぃしゅーな】へのアクセスや駐車場情報

それでは【ふぃしゅーな】へのアクセス方法を紹介します。

東名高速道路の焼津ICより約5km車で12分程度かかります。

駐車場は【ふぃしゅーな】の向かい側や食事の建物の前などに大型駐車場があります。

台数は分かりませんが、防波堤から釣りをする方もいるのでたくさんあり安心で、まず停められます。

【ふぃしゅーな】の向かい側の駐車場の様子はこんな感じです。

ふぃしゅーなの駐車場

お子さんがいると荷物が多かったり、着替えさせたりする事があるので向かい側にある駐車場は助かりますね。

お手軽に水遊びが出来る公園ですので、ぜひ訪れてはいかがでしょうか!