ここのところ立て続けに高齢者ドライバーによる交通事故が起きています。

まだ幼い子供が犠牲になるニュースを聞くといたたまれない。

どうして早急に対策を講じないのか疑問に思ってしまいます。

スポンサーリンク

高齢者ドライバーの交通事故を予防する対策

高齢者ドライバーの交通事故が最近ニュースになっていますが、いつになったら対策を考えるのか疑問です。

放置すれば同じような犠牲者がまた出る。

凄く田舎に暮らしている方は車がなければ生活出来ないという声もありますが、このままにして良い訳がない。

高齢になれば動体視力や夜間視力が落ちて反応が悪くなり、ブレーキが間に合わなくなったり、とっさの行動が起こせなかったりするのは避けれられません。

ペダルの踏み間違え、認知症による逆走などにどう対処するかを話し合うべきだと思います。

その対策としていろいろ考えてみた。

考える人

 

毎年の免許更新の義務化

まず現行は3年に一度の免許更新は毎年にするべき!

高齢になれば一年で驚くほど変わってしまう人がいるのに3年なんてのは悠長な話です。

特に自分は認知症じゃないって言ってる人ほど危ない。

自分で「もう認知症だから・・・」って言ってる人はまだしも家族に指摘されて「私はそんなことない!」って起こる人ほどすでに進行している。

普通に生活するなら温かく見守るが、ハンドルを握るならそれはやめて欲しい。

とにかく全員65歳以上は毎年更新を義務化がいいと思います。

高齢者の交通事故

教習所の認知症テストはぬるい!

そして毎年更新になっても現在の高齢者講習は判定がぬるいから強化をしないといけない。

これは教習所が高齢者講習が売上になるのが問題で、検査を受ける人がお客なら当然強いことは言えない、商売なんだから。

高齢者講習に落ちたりすれば「あそこの教習所は落とす。」と言われて売上ダウンになり、基準のぬるいところへ流れていくだけになる。

さらに自動車を買う若者が少なくなってきているので、教習所としては余計に高齢者のお客を逃したくないはずです。

今は、教習所で認知症の検査で異常があると医師の診察をすすめるが、逆に医師がOK出さなければ講習を受けられないようにする方が良いのでは。

全員が医師の検査を受けるのがまず認知症の事故防止や発見には欠かせない。

医療費

高齢者使用の装置取り付けと年齢制限

本当は運転免許には年齢制限を付けるのが良いと思う。18歳にならないと取れないなら上限があっても不思議ではない、電車やタクシーの移動手段もある。

でも、過疎地などではそうもいかないと思い過疎地限定対策を考えてみました。

スポンサーリンク

それは車検時に新たに高齢者仕様の自動車にしてもらえば良いと思います。

現在は技術が進んでスリップを防止したり出来るはず。トルク制御が出来るなら高齢者の車には急加速を防止するように、プロブラムなどを書き換えてはどうかと思います。。

いくらアクセルを踏んでも緩やかにしか加速しなければ駐車場から急発進が防げます。

そして、リミッターも付けて最高速度も出ないようにする。道路の道幅のデータとGPSで最高速度に制限を加えてしまえばよい。

病院の通院で使うなら最高速度が20kmくらいでも十分です。

どこかの自治体でゴルフカートを改造していたが、なかなか良いアイデア。

高速道路には乗れないが、逆走して大事故を起こすよりは良い。

高速道路が事故って通行止めになると経済損失が凄いことになるので迷惑極まりない。

交通事故

 

『日本の自動車は国の基幹産業だから高齢者から車を取り上げるな!』

という人もいそうだが、これなら自動車会社に装置の開発などの仕事ができます。

費用はかかるがリスクが高いんだからそれなりに払わなければいけない。

保険だってリスクの高い人は入れないし、入れても保険料が高いのが当たり前だし。

ただでさえ少子化なのに子供を高齢者が轢いて死亡させてはいけないし、親御さんも納得出来ないと思う。

コンパクトシティ構想

極論を言ってしまえば、過疎地は夕張市のようにコンパクトシティ構想に向かった方が効率的と言えます。

近くに集まってくれれば自治体やバス会社なども効率よく路線を組むことが出来るし、山奥の道路整備も必要なくなり財源も節約できる。

住み慣れた家を離れたくないと言ってもそれはわがまま。若い人だって就職がなければ実家で暮らしたくても都心へ出ていく人がいる、たとえ友達がいなくても。

高齢者の車

仮に今のまま住み続けて運転すら出来なくなったらどうするのかと思ってしまう。

何も対策を考えてなければ遅かれ早かれ困ることには変わらず、結局は家を離れなければなりません。

自治体でなんとかしてくれるだろうと思っても「あれはイヤ、これはダメ」ではお手上げでしょう。

早めにコンパクトシティにして、バスやタクシーのワンメーターくらいで生活が成り立てば車の維持費よりも安いと思う。

自動車の維持費だって車検で15万+税金+ガソリン代にタイヤやら色々と消耗品があるし。

 

高齢者の事故防止について書いてみましたが、ポケモンGoの事故は言語道断『危険運転致死傷罪』で厳罰や極刑にすべきです。