街中で眼にすることが増えた無料Wi-Fiのステッカー。

利用したことがないけど、どうなん?と思っていたので実際に使ってみました。

一度覚えてしまえば、AndoroidスマホやiPhoneだけでなくパソコンでの利用も出来て便利です。

実際に利用して始めて使う時の手順や設定の方法を、書き残してみました。

スポンサーリンク

ドトールコーヒー【無料Wi-Fi】の使い方と設定方法

ドトールコーヒーで無料Wi-Fiを使うにあたり必要なものがあります。

それは、『ゲストコード』

『ゲストコード』の入手方法は店内にある冊子に書いてあります

が、取得の仕方は以下をご覧してください。

ドトール ドトール

また、店内にこの冊子が見当たらない場合は店員さんに尋ねるともらえます。

というか冊子がなくても『dcs@forguest.wi2.ne.jp』へ空メールすれば済んでしまいます

ゲストコードの取得方法

冊子にあるQRコードをカメラで読み込み、読み込んだアドレスへ空メールを送ります

QRコードが読み込めない携帯電話の場合

『dcs@forguest.wi2.ne.jp』へ空メールを送信します。

送信後、すぐに自分の端末へ返信メールが届きますので、ゲストコードを確認してください。

Wi-Fi電波を受信する方法(Andoroid、iPhoneの設定)

端末のWi-Fi設定画面で『Wi2premium』を選択します。

『Wi2premium_club』という似たものがありますが、間違えないように選択してください。

ドトールWi-Fi

手動で設定する場合は以下の通りです。

Andoroidスマホではメイン画面の

『設定』-『Wi-Fi』-『利用可能なネットワーク』-『Wi2premium』をタップ

iPhoneではメイン画面から

『設定』-『Wi-Fi』-『ネットワークを選択』-『Wi2premium』をタップ

と操作してもWi-Fi電波を受信できます。

ログインの方法と利用時間

端末をWi-Fiに接続したら、ChromeやSafariなどのブラウザを起動します。

※電波を受信するとこの画面に飛ぶ事もあります。

ドトールWi-Fi

ログイン画面が表示されるので、返信メールの『ゲストコード』を入力し『ENTER』を押します。

これで完了です。

ちなみに、ドトールの無料Wi-Fiは3時間インターネットが利用できます。

※ドトールコーヒーにはマクドナルドのようにコンセントが用意されておらず、充電が出来ないのでご注意を!

無料Wi-Fiを使う時の注意事項

ドトールコーヒーに限った事ではありませんが、無料Wi-Fiを使うときに絶対に気をつけて欲しい事があります。

それは、パスワードを使うようなサイトにアクセスするときです。

例えば・・・

・銀行振込・オンラインストア系(iTune・Amazon・電子書籍など)・ブログなど

無料Wi-Fiの電波は暗号化されていないものが多いです。

スポンサーリンク

悪意のあるユーザーに暗号化されていない無料Wi-Fiから、パスワードや暗証番号を盗まれる可能性があります

銀行のパスワードや暗証番号を盗まれたら大変です。

オンラインストアで買い物され、知らない間にたくさん買い物をされ、高額な被害にあった。

という事が無いようにも、無料Wi-Fiでの利用には注意が必要です。

セキュリティ対策がされていることが確認できていれば問題ないでしょう。

しかし、必要以上に怖がることはありません。

YouTubeなどの動画サイトにはログインしなくても閲覧できるものがありますし、ネットサーフィンだけでも待ち合わせなら有意義に利用できます。

 

気になる通信速度の方を簡易的なもので計測してみました。

ドトールWi-Fi

無料で提供してくれる事を考えれば15Mbpsくらいあれば上出来ではないでしょうか!

実際にYouTubeでストリーミング再生してみました。

読み込みを待ちになることはありませんでした。

ドトールWi-Fi

とはいえ、せっかく用意してくれたサービスを使わない手はありません。

ぜひ、上手く活用していただければ幸いです。他には

セブンイレブン【無料Wi-Fi】セブンスポットを使ってパケット代を節約はこちら

マクドナルドの【無料Wi-Fi】を使ってパケット代を節約する方法はこちら

 

これらを上手く組み合わせながら利用すると、街中で使える便利なスポットが増えますよ~