『大手広告代理店の電通はブラックだった』と言わざるをえない今回のエリート新人女子社員の過労死問題。

日本の最高学府である東大を卒業した高橋まつりさん。

その過労死は十則と言われるものが原因。

新入社員を絶望に追い込む日本の会社の現実とは・・・

スポンサーリンク

過労死した東大卒のエリート。原因がかわいそう

今回、過労により自殺に追い込まれてしまった、東大卒のエリートである高橋まつりさん。

大手の広告代理店に就職して、『給料や福利厚生に恵まれた良い職場』と思えるが、傍から見るのと現実の差が大きかった

高橋まつりさんが過労死した原因は、長時間労働と職場環境が災いしたとしか言いようがない。

毎日長時間残業をして、休日も返上し仕事をする。

そして、必死に作った資料をボロクソに言わる。

などあげていけばきりがない。本当に可愛そうです。

上司

『仕事が激務だったならその前に辞めれば良かった』などと軽々しくは言えない。

そんなことをいうのは年食ったオヤジ達だ。

 

日『石の上にも三年』という厄介なことわざがあって足かせになる。

そんな事を言われたら入社してすぐに『この会社失敗した』と思っても辞められない。

次の就職先でも『イヤになったらすぐに辞める人間なのでは?』とだいたい思われてしまう。

だから、簡単には辞められない。

同じような状況の新人や若手社員が思うのは、

「いっそ寝ている間に、隕石でも会社に落ちてぶっ壊れてほしい。」

って思っている人がたくさんいる。

会社が不慮の事故でなくなってしまえば、再就職の理由も相手が納得するし。

スポンサーリンク

だいたい、東大を卒業するくらいの人間が根性がないわけがない。

学歴が高い人は、みんなが嫌がってリタイアしていく勉強を最後まで頑張り続けた人たちばかりだからだ。

そう考えると生産性の低い日本の会社が変わらなければ、これからも同じような不幸が繰り返される。

電通だけじゃないブラック企業の十則精神

電通の十則なるものがある。(裏十則なるものもある)

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

引用元:http://gigazine.net/news/20070316_dentsu10/

驚いたのはこの中に以前勤めていた会社と同じ文言があること、第一項。

社則は入社前の研修のときに暗唱できるほと叩き込まれる。しかも、人格を全否定する講習とセットになっている。

なんでそんな事をする必要があるのか?

要するに従順な社員を作りたいからとしか思えない。自分で考えて行動して結果をあげてくれれば楽だし。

しかし、仕事ってそんなに簡単じゃない。

逆にすぐに出来るようになるならよっぽどのルーティンワークかレベルが低い仕事をやってますと言っているようなもんだ。

そんな事を叩き込まれ、OJTという丸投げ方式で現場に放り込まれる。

従順な新入社員は、研修で刷り込まれたように一生懸命働くがすぐに気づく。

誰もそんなこと考えている先輩なんていない。

激動

『残業100時間程度で潰れるなんて弱い』なんて言ってたどっかの教授がいるけど、やっぱり世代違うから分からないでしょ。

戦争や経験したりした人も大変だったともうけど、今の若者だって目まぐるしく変わる時代に対応するという別の大変さがある。

楽してるヤツなんていないでしょ。

 

と、こんな事を胸の内にひた隠している若手でも、退職するときには

『次の人が見つかるまでは勤務してないと周りに迷惑がかかる』って思ったりするのが日本人のいい所。

これを機に強力な抜本的な対策がすべての会社に施され、二度と悲劇が起きないようにしてもらいたい。

違反した会社にはペナルティが与えられるとかね。

ペナルティ

ちなみにイタリアに旅行したとき、バスの現地ドライバーの労働はよる8時までと法律で決まっていて

時間までに戻らないとドライバーさんが罰金を払うらしくて、添乗員さんがヒヤヒヤしていました。

そのくらいの影響力のある対策をしてもらいたいです。