2014年に薬で逮捕されたASKAさんがまた逮捕されたようです。

昨日、新アルバムの完成が間近で一部の曲をYouTubeで公開するというニュースがあった矢先でした。

事件後も応援していたファンを再び裏切る形になりました。

スポンサーリンク

【ASKA】また事件を起こし逮捕!自らした通報した理由

ASKA容疑者は2014年の5月に薬の所持で逮捕され、9月に所持・使用で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決となりました。

その後、入院しザビエルのような姿を晒して話題になっていました。執行猶予中の身でありながら再び薬で逮捕されるとは、反省していないと思われます。

大きく失望し、それでも応援し続けてくれたファンを再び裏切る形になりました。今度は実刑となるので刑務所暮らしが確定です。

ちなみに、今回の薬は『アイス』、『スピード』、『S』なんて呼ばれたりもします。

aska

アイスで逮捕される人は再犯率が高いことで知られています。

警察庁の統計では平成27年のアイスの再犯率は全体で64.8%です。

しかし、年齢別に再犯率を見てみると50歳以上は83.1%と最も高くなっています。そして、ASKA容疑者は現在58歳。

薬の誘惑に勝てる人が17%くらいしかいないので、依存性がいかに高いかよくわかります。

アイス

芸能人で事件を起こして捕まる人がいますが、またやってしまうのはこのため。好奇心で手を出したら抜け出せずに人生が終わってしまう恐ろしい代物です。

スポンサーリンク

自ら通報した理由とは?

今回の逮捕にあたっては11月の下旬に自ら110番に通報しました。

警察官が駆けつけると意味不明な事を話していたため、警視庁が検査したら尿から陽性反応が出ました。

アイスを摂取したときの症状は『幻覚・幻聴・恐怖心』などがありますが、恐らく今回はこの症状が出て意味不明な話をしたと思われます。

自分で110番通報するくらいですから、よっぽど恐ろしい幻覚をみたんでしょう。よく体中を虫が這ったり、部屋に虫がいると騒いだりするようです。

逮捕

今回は自ら110番通報しましたが、今年の始めあたりから電話でやりとりしている芸能リポーターの井上公造さんの話では

以前電話した際に「自分のパソコンが盗聴され困っている」、「家族にだまされている」「僕には自由がありません」、「やっと自由になりました。佐賀の病院にいます。電話が盗聴されているので気をつけてください」などと話しているようなので、すでに使用していたようです。

また、ろれつも回らない喋り方だったとも言ってます。この事からも1年前くらいからはやっていたのではないでしょうか。

現在は新アルバム完成間近でYouTubeに一部を公開?

判決から2年数ヶ月は再び音楽活動に向けて作曲をしていたようで、11月27日にはアルバムが完成間近というニュースが流れました。

全13曲のレコーディングを終えてアルバムが完成間近の喜びのコメントも出ました。

「今、13曲をとおして聴きました。これで良しっ!な、気持ちになっています。今は、1曲ごとの感想はありません。アルバムが到達点直前にいることの喜びを感じています」

引用元:デイリースポーツ

そして数曲を11月末にYouTubeで公開する予定でしたが、今回の逮捕でそれもなくなってしまいそうです。

せっかく心機一転、再スタートし新アルバム完成間近だったASKA容疑者、また逮捕とは残念です。