青木隆治さんが【ものまねグランプリ2016】で優勝しました。決勝戦での『五木ロボット』『美空ひばり』は凄く似ていて圧巻。

また、ラルクのHydeさんになりすまし1万人のファンの前でも歌った事もあります。

そのあたりのエピソードや動画を紹介します。

スポンサーリンク

決勝ネタは『コロッケ』の五木ロボットを完コピし美空ひばりを追加

青木隆治さんが決勝戦で披露したネタは『コロッケ』さんの【五木ロボット】でした。

『コロッケ』さんのものまねを小窓で表示し、見比べる事が出来ましたが結構ハードル上がりましたね。

声色だけでなく動作もコピーし、さらにオリジナルで『志村けん』さんや、『美空ひばり』さんも入れた青木隆治さん独自のものまねは良かった。

見逃した方は動画をどうぞ!

青木隆治の五木ロボット

驚いたのは五木ロボットのものまねされたコロッケさんのコメントでした。

「隆治のモノマネ見てたら、父親の様な心境になってウルウルきちゃった。」

というものでした。本当なら自分が長い時間をかけて作ったネタのコピーは御法度のはずです。

しかし、それを認めて褒め称えるところは、『コロッケ』さんの懐の深さを感じました。青木隆治さんも事前に許可を貰いに行ったようで

「決勝で【五木ロボット】を使わせてくれたコロッケさんに感謝してます。」と話してましたから、事前に話を通してるようなニュアンスを漂わせていました。

特に青木隆治さんとコロッケさんは初対面のときの印象がよくありません

青木が師匠と仰ぐコロッケと出会ったのは、彼が最初に出演した番組だった。当時の青木は、言葉遣いが悪いうえに服装もだらしなかった。

それを見ていたコロッケに「いくら歌が上手くても、挨拶やお礼も言えないような人間は相手にされないよ。」とアドバイスされ、以後コロッケを尊敬するようになる

引用元:wikipediaより

そんなやり取りを知ると余計にコロッケさんの器の大きさを知り、感慨深いものがあります。

Hyde公認でラルクアンシエルのライブになりすまして出た?

青木隆治さんがやるラルクアンシエルのHydeさんのものまねは本人も認めるほどクオリティが高く、ライブに出演したこともあります。

偶然、深イイ話の番組を見ていたHydeさんから「ぜひ僕のコンサートで歌ってください。」とオファーがありました。

hyde

そして2010年10月30日に幕張メッセで開催された『VAMPS』のライブに招待されます。

ラルクアンシエルの『虹』を歌いましたが、真っ暗な状態で演奏が始まり、「♪時は奏でーーーて」と歌い始めると大歓声!誰もHydeさんが歌っていると疑いません。

しかしライトアップされるとHydeさんではない人物がいて1万人のファンは???となり一体何が起こったのか分かりませんでした。

そして、「♪果てしない 未来が続いてる~」の最後に「♪みんな騙さーれた」とネタばらししました。

実際の動画を見つけて来たのでご紹介します。

青木隆治がラルクのライブに登場

青木隆治さんの『ものまね』はクオリティが高いですが、実際に本人のファンの前で歌う機会はまずなく、Hydeさんの大物ぶりが良く分かるエピソードでした。

しかし、青木隆治さんは本当に心臓バクバクしてたと思います。

スポンサーリンク

青木隆治の父親はものまねタレントのツートン青木!共演対決動画も!

ものまねが上手い青木隆治さん、父親ものまねタレントツートン青木さんです。ものまねの二世タレントは珍しいですね。

ツートン青木さんは『美空ひばり』や『田村正和の古畑任三郎』のものまねで有名です。

しかし、子供の頃の青木隆治さんはものまねタレントをしている父親が好きではありませんでした。

毎日、毎日、家の鏡の前で練習する姿を見て『オリジナルの曲で勝負出来ないからものまねに逃げている』と思っていたようです。

青木隆治とツートン青木

しかし、ある時に父親の舞台の袖で『ものまね』をする姿に感動して考えが変わり、自分も『ものまねタレント』になることを決意しました。

特にツートン青木さんの『美空ひばり』は絶品で、それは青木隆治さんが『美空ひばり』をものまねするのに影響を与えてると思われます。

実際にツートン青木さんと青木隆治さんが『ものまね』で対決した動画がこちら

青木隆治とツートン青木

青木隆治さん、『ものまねグランプリ』で2回目の優勝おめでとうございます!