アップルからAirPodsが発売し人気で品薄なようです。

ところで『AirPodsとは何だ?』と思いイヤホンとの違いや色、価格、対応機種など調べてみました。

アップルの新商品って発売しただけでワクワクしますね。

スポンサーリンク

AirPodsの発売の理由とは?イヤホンとどこが違う?

アップルが出した新商品AirPodsが人気で早くも品薄状態になっているようです。

パッと見た感じイヤホンだと言うことは分かりますが、普通のイヤホンとどこが違うのでしょう。

AirPods

このAirPodsはワイヤレスのイヤホンとマイク(赤丸)が一体になったものです。

ちょっと小さ過ぎて落としてしまいそうな気がしますね!最初は人混みなどビクビクしながら使ってしまいそうです。

iPhone7は本体を防水・薄型にするために、イヤホンのプラグを差し込む穴が無くなるので、いままでのようなイヤホンは使えなくなりました。

そこで必要となるのがワイヤレス型のイヤホンです。

ワイヤレスのイヤホンならば既にいろんなメーカーから発売されていますが、初期の設定などをしないと使えない点がネックになります。

設定と聞くと苦手な人はうんざりした気分になりますが、そんな方に発売されたのがAirPodsです。

iPhoneユーザーに簡単に接続できるワイヤレスのイヤホンを提供するのが理由のようです。

AirPodsの使い方【接続方法やペアリングと対応機種】

AirPodsの使い方はとっても簡単で、iPhoneに接続するペアリングのはワンタッチです。

なんとイヤホンをケースから取り出すだけ!

そして画面に表示された『ロック解除して接続』をタップします。信じられませんが、これで持っている機器に接続できます。

ペアリングに対応してる機種はiPhoneだけでなく、iPad、iPod touchやMacBook、Apple Watchまでも使えるのがいいですね。

OSについての条件はこちらです。

AirPods対応製品

iOS 10以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchのモデル

watchOS 3以降を搭載したApple Watchのモデル

macOS Sierra以降を搭載したMacのモデル

引用元:アップルストアより

スポンサーリンク

AirPodsの充電方法やバッテリーはどのくらいの時間もつ?付属品も紹介

AirPods本体のバッテリー持ち時間は連続再生で5時間!

電池が切れてもバッテリー内臓の付属ケースに収納する事で充電されます。

イヤホンのバッテリーが切れたら15分ケースに入れて充電すると3時間使えるようです。

ケース本体の充電はアップルのライトニングケーブルで充電出来るので、今使っているケーブルが使えることになりますね。

ライトニングケーブルというのは先が平たくて小さいケーブルですが、AirPodsの付属品としてついてくるのでご安心ください。

AirPodsの本体と充電ケース、ライトニングケーブルの3点セットです。

AirPods付属品

耳に装着している間はワンタップで電源をONにする事ができます。耳から外せば自動でOFFになるようセンサーが入っているようです。

電源のON/OFFが簡単に切り替えられるので、無駄にバッテリーを消費する事がなく使用できますね。

またSiriにも対応しているので、『斉藤さんに電話して』、『◯◯の再生リストかけて』、『ここから東京駅への行き方は?』と音声で操作する事も出来ます。

AirPodsの小売価格はいくら?値段は高いの?色の種類は?

気になるAirPodsの小売価格ですが、アップルストアで¥16,800(税別)でした。

最近のハイクオリティなイヤホンと同じくらいの値段設定ですね。

安いとは思いませんが、iPhone7のユーザーはどちらにしてもワイヤレスのイヤホンが必要になるので結構売れているようです。

同じアップル社の製品でしたら互換性の面では一番ですからね。

 

AirPodsのカラーについてですが、現在は一色しかないようです。

アップルの新商品と聞くとつい欲しくなりますが、AirPodsは品薄なので入手するなら早めがいいようですね!