『青春18きっぷ』2017年も発売になります。

そこで、気になる発売期間利用期間と切符代を調べてみました。

また一日で東京駅から博多方面を目指し、何駅まで行けるかも紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2017年の青春18きっぷの発売期間と利用期間はいつ?値段はいくら?

青春18きっぷと聞くと懐かしい感じがしますが、今年の発売期間や利用期間が発表されました。

各季節発売期間利用期間ですが

●春季

発売期間:2月20日(月)~3月31日(金)
利用期間:3月1日(水)~4月10日(月)

●夏季

発売期間:7月1日(土)~8月31日(木)
利用期間:7月20日(木)~9月10日(日)

●冬季
発売期間:12月1日(金)~12月31日(日)
利用期間:12月10日(日)~2018年1月10日(水)

という具合になっています。

価格の方ですが、5日(人)分で11,850円

一回(人)当たりで2,370円というお買い得な切符ですね~

別に遠出しなくても一日色んな駅で乗り降りするなら十分に採算が取れます。

青春18切符

基本的に5日(人)分を一括で購入しないといけないのですが、残った分は金券屋へ持っていくと買い取ってくれるので無駄になりません。

最初から金券ショップで必要な日数のものが買えればいいのですが、自分はあんまり見たことがありませんので、大体JRの駅で買って残りは売ってしまいます。

スポンサーリンク

おすすめな青春18きっぷの使い方

この青春18切符のおすすめな使い方ですが、一人だと残った回数を金券ショップへ転売したりと手間がかかったりします。

そこで5人集めて団体で動くのが理想ですが、5人で何をするか、どこへ行くかが問題ですよね~

地方から東京のショップやディズニーへ遊びに行ったりもしますが、ディズニーランドは新幹線の乗車券とパスポートが付いたお得な切符が別に売っていたりします。

実際に長時間ローカル線で移動して遊ぶのは、いくら体力が余っている中高校生でもそれなりに疲れますしね~

自分が学生時代にやったのは大学のキャンパス見学と称した旅行でした。

慶應義塾大学

今は受験生を獲得するために一生懸命オープンキャンパスなんかやっていますが、以前はそんなでもなかったので『勝手に来て見学して』的な雰囲気でした。

だから5人集めて各々見たいところを順番に見学していくという事をやった覚えがあります。

いくら乗り放題といっても、一日で帰ってこれないのはNGなので相談して行き先を決めてはいかがでしょうか!

自分が興味ない大学でも、友達の付き添いで行ったら気に入ったなんて事があるかもしれません。

ネットで動画や画像が見れても、写真なんてプロの手にかかればいくらでも綺麗に撮れますので自分の目で見るのが一番です。

一日で移動出来る距離の限界は?いくらお得?

この青春18きっぷの一日で移動出来る距離の限界はどのくらいなのでしょう?

旅行の計画を立てる上で抑えておきたいポイントなので3月1日で設定して計算してみました。

東京駅から博多へ向かうとして計算すると、東京駅を5:46の始発(東海道本線)に乗り、山口県の厚狭(あさ)駅に到着するのが23:59です。

乗車距離にして1,083.8kmと千kmの大台超えで、本来なら12,960円かかりますが青春18切符なら2,370円と10,590円お得になる計算。

青春18切符

ここが限界だと思われます。

日付が変わるギリギリに着くので途中下車してご飯を食べたり、買い物をしたりはできません

予め弁当を用意したり、乗り継ぎの時間でキヨスクで買ったり、立ち食いそば屋で掻き込んだりする必要があります。

さらに座りっぱなしなのでお尻が痛くなりそうな感じもしますね。

かなりの極限状態ですが、やって出来ないことはなさそうです。

一日働いて1万円稼ぐのは大変ですが、友達と楽しく電車に乗ればメリットを受けられるので挑戦してみてはいかがでしょうか!

きっと大人になったときの良い思い出話に青春18切符が出てくると思いますよ!